おりものの色が変化したら要注意?妊娠初期に気をつけておきたい変化について。

妊娠初期のおりものは、色や匂いの変化で状態を察知することができるので、逐一チェックしておくことが必要になってきます。

view2988

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠したら、体のいろんなところに変化が現れます。

  •  

    お腹が出たり、運動しづらくなったり、細かいところだと体臭の変化だとか、本当にいろんなところが変わってきます。

  • さて、その中でも気をつけておきたいのが、おりもののことです。

  • 妊娠初期のおりものについて

    生理前や排卵日頃など、女性なら日常的におりものの変化を感じることがあるでしょう。

    おりものの量が増えたり減ったり、粘度が違っているように見えたり、時には色にも変化がでることがあります。
    出典 :妊娠初期のおりもの(色や量、形状など)妊娠初期のおりものの変化と気をつけたい症状 妊娠初期のおりものについて
     

    とくにこの時期には意識して色などを観察するべきです。

  • 色の変化などによって、体に異常が出ているかもしれません。

  •  

    「あまり気にしてなかった!」という方は、もう少し意識して観察する姿勢を持った方がいいかもしれません。

  • 妊娠初期の症状には、妊娠そのものと無関係なものもあり、妊娠によるホルモンバランスによる症状の中にはまったく気にしなくてよいものもあります。

    妊娠初期のおりものは、基本的にはホルモンの代謝バランスの影響なので、無臭で乳白色、そしてかゆみなどが無い場合は問題ないことがほとんどです。
    出典 :妊娠したら 妊娠初期 出産マニュアル:おりもの出血 - livedoor Blog(ブログ)
     

    いつもと同じなら、特に問題はないのですが…。

  • たとえば、赤色に変色している方…。

  • おりものが白っぽい色(乳白色など)なら良いのですが、赤くゼリー状のものが混じったり、茶色や茶褐色といった色が混じる場合は出血を疑ってみなければなりません。

    おりものに茶色いものが混じるのは、主に着床出血などによるもので、着床の影響で子宮内膜が剥げてそれがおりものに混ざる事で茶色くなります。

    この症状は子宮内の絨毛膜がはがれる事による出血とも言われます。
    出典 :妊娠したら 妊娠初期 出産マニュアル:おりもの出血 - livedoor Blog(ブログ)
     

    赤ちゃんにも影響が出る可能性がありますからね。

  • 明らかに血が混じっている場合は、要チェックかも…?

  • おりものに血が混じったり、明らかな出血がある場合、流産の不安がよぎりますが、この子宮内膜(絨毛膜)がはがれる事による出血は、これが流産の原因になる事は無いと言われています。

    もちろん産婦人科医師に問診し検査を受けてください。
    出典 :妊娠したら 妊娠初期 出産マニュアル:おりもの出血 - livedoor Blog(ブログ)
     

    すぐに病院に行きましょう。

  • 血がいっぱいついたとしても、原因が「これだ!」と特定できるケースは少ないようです。

  • おりものに血が混じったりすることが頻繁で、量が増えたりすると心配は大きくなりますが、妊娠5週目ぐらいの初期周期時では、原因を特定できない場合が多いようで、安静にして様子をみる事がほとんどです。

    あかちゃんの心拍が聞こえるぐらいになっていると心拍を聞く事で安心することができるのですが、妊娠4週目や5週目ではそれを期待することも難しいでしょう。
    出典 :妊娠したら 妊娠初期 出産マニュアル:おりもの出血 - livedoor Blog(ブログ)
     

    激しい動作や仕事は避けて、とにかく安静にしていましょう。

  • 妊娠初期の体はデリケートになっているので、いつもとちがうなと感じたら、すぐに病院に行きましょう。

  • 通常、妊娠するとおりものの量は増える傾向にあります。

    特に、妊娠初期や出産が近づく妊娠後期に多く分泌されます。

    このように、おりものが出る事自体は悪いことではなく、ごく自然なことです。

    量が多い以外に気になる点が無ければ、特に問題ないと考えて良いでしょう。

    しかし、妊娠初期は身体がデリケートになりやすい時期なので、場合によってはカンジダのような、菌による炎症を起こしてしまうこともあります。

    痒みがある、ピリピリと痛むなど、何か不安がある時には産婦人科で相談されるようにして下さいね。
    出典 :妊娠初期のおりもの(色や量、形状など)妊娠初期のおりものの変化と気をつけたい症状 妊娠初期のおりものについて
     

    早めの対応が明暗を分けるときもあります。