ハゲにウツなし!?テストステロン値が下がるとうつ病になりやすいらしい

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ハゲってマイナスのイメージが強いですよね。できればハゲたくないと思っているはず。でもメリットもあるんです。テストステロン値が下がるとうつ病になりやすいのですが、ハゲはうつ病になりにくいんだとか! 人生楽しく行きましょう。

  • どうしてハゲちゃうの?

  •  
  • なんでだぁーっ! と叫びたくなる気持ちをこらえながら、ハゲと戦っている男性はたくさんいます。

  • 男性ホルモンとハゲの関係

  •  
     

    なんだか難しいことを言っていますが、要するにごく一部の男性ホルモンはハゲを引き起こす効果を持っているというわけです。

  • DHTに注意しよう

  •  
  • そして、男性ホルモンはこれだけではありません。一般に男性ホルモンがたくさん分泌していると、体毛が濃く太くなったり、性機能が活発になったりしますよね。それ以外にも、意外なメリットもあるんです。

  • テストステロンが多いと、うつになりにくい

  •  
  •  
     

    ハゲている人は男性ホルモンが(悪いやつも)多いので、結果的に良い働きをするテストステロンも活発に分泌されているということ!

  • テストステロンを高める方法

  • ハゲていても、うつになりにくいのならしめたものではないでしょうか。男性ホルモンを高めるといっても、必要なのは毎日を規則正しく楽しく過ごすことです。取り組んでマイナスになることはないので、ぜひ今日から生活習慣を改めてみましょう。