妊娠初期の葉酸不足が招く!?神経管閉鎖障害の発症リスクとは

近年、妊娠初期の葉酸不足によって、お腹の赤ちゃんに影響があることがわかりました。厚生労働省から「神経管閉鎖障害の発症リスクに関する報告書」とというものも発表されています。妊娠中の大切な栄養素となる葉酸についてまとめてみました。少しでもお役に立てて、元気な赤ちゃんが産まれますように!

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、葉酸って何?

  • 葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。その名の通り、葉物をはじめとする緑黄色野菜、豆類、レバーなどに多く含まれます。細胞分裂に不可欠で、「血をつくるビタミン」とも言われる大切な栄養素であり、妊娠中の摂取量は通常の倍とされています。
    出典 :プレママ必須の栄養素・葉酸の取り方|プレママタウン
     

    葉酸は、とても大切な栄養素だったのですね。

  • 妊娠初期の葉酸不足で赤ちゃんに奇形が発生するってホント?

  • 胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週~12週)においては、先天性の疾患をまねく危険があり、特に、「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。
    また、授乳期においては、赤ちゃんの発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    妊娠初期だけでなく、授乳期も気をつけないといけないのですね。

  • また、神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなります。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    私が妊婦の時代には、葉酸の摂取がそんなに大切だったとは知りませんでした。ショックです。。

  • 神経管閉鎖障害とは?

  • 神経管とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもととなる細胞の集合体。これらが妊娠初期に細胞分裂していくことで、脳や脊髄を始めとする、胎児の様々な神経細胞が作り出されます。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
  • この神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合は二分脊椎と呼ばれ、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じるため、下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこることがあります。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
  • 神経管が作られていく過程

     

    妊娠のごく初期に作られていることがわかります。

  • 葉酸はどんな食品から摂取できるの?

  • 緑黄色野菜(あさつき、アスパラガス、オクラ、春菊、ブロッコリー、ほうれん草、モロヘイヤ、アボガドなど)やレバー(豚、鶏、牛、フォアグラ)、うなぎ、生うに、ホタテなどに多く含まれています。ほうれん草から発見されたので、このような名前がついていますが、動物性の食材にも含まれている栄養素です。
    出典 :妊娠と葉酸
  • このほか、イチゴや夏みかんなどの果物類、さつまいも、かぼちゃ、大豆(枝豆も含む)、そら豆、納豆などにも多く含まれています。
    出典 :妊娠と葉酸
  • 妊娠初期はもちろんのこと、妊娠を希望する方も積極的に摂取しましょう!

  • 妊娠前から摂っておくとよりいっそう良いのですが、妊娠してからでも、妊娠初期に葉酸を十分摂ることによって、二分脊椎奇形(神経管奇形)の予防ができることがはっきりしています。
    出典 :妊娠前の葉酸の摂取について - はっぴーママ.com
     

    バランスの良い食生活を前提にして、不足分は葉酸を多く含む食品でカバーしましょう。