どう行う?「手根管症候群の手術」を知っておこう!

手根管症候群の手術はどのように行うのでしょうか。腱鞘炎に次いで多くみられる手根管症候群を治そう!

view621

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手根管症候群は

  • 手掌の付け根に、骨と靭帯に囲まれた手根管という部分があります。このトンネルのような部分を9本の腱と1本の神経(正中神経)が走っています。 腱鞘炎などで腱周囲の滑膜が腫れて正中神経が圧迫されると、手指がしびれたり痛みが出て、やがて母指を動かしにくくなります。これが手根管症候群です。
    出典 :手根管症候群|四谷メディカルキューブ
     

    このようなものが手根管症候群ですね。

  • 手根管症候群の症状は夜中や明け方に強く出ます。やがてお箸を使ったり、字を書いたりが不便になります。 更年期の女性に多くみられるためホルモンバランスの異常との関連が推察されています。手首のところで神経が圧迫されることが原因であるにもかかわらず、肘や肩の痛みやだるさを訴える方もおられます。
    出典 :手根管症候群|四谷メディカルキューブ
     

    ここまで来ると困りますよね。

  • 手根管症候群の手術は

  • ●手術室で鎮静剤を使って眠った状態になってから手術を実施しています●手根部に3~4cmの皮膚切開を加えて(右図の赤線)、皮膚の下に存在する屈筋支帯を見つけます●屈筋支帯を神経に沿って切開を加えて、正中神経への圧迫がなくなったことを確認し、 皮膚を縫合して手術を終えます
    出典 :専門分野|手根管症候群
  • 画像は参考です

     

    このような位置を手術するのです。悪化すると手術になるのですが、このような結果にならないように予防はしておきたいですよね。

  • 症切開手術と内視鏡使用のメリットは

  • 手根管開放術はとても大きな切開で行われていました。そのために大きな傷跡が残ったり、手首に痛みが残ったりすることがありました。傷の小さな内視鏡手術はそういった背景から生まれました。しかし、現在では2センチ程度の小切開で手術できることがわかってきたため、非常に小さな傷の手術となりました。
    出典 :手根管症候群|四谷メディカルキューブ
     

    傷跡が少なくて吸うのが良いですよね。

  • 小切開手術にもデメリットが存在します。小切開手術が普及するにつれて、横手根靭帯の切離が不十分な症例や、横手根靭帯より更に近位側の前腕筋膜による神経圧迫が原因となる例が存在することがわかってきました。
    出典 :手根管症候群|四谷メディカルキューブ
     

    このようなデメリットも存在するのです。

  • 手術による合併症として

  • ●過去5年間での当院での脊髄、末梢神経の手術に伴う合併症の率は、全体で約5%の頻度で認められています。 つまり、細心の注意を払って手術を実施しても、合併症の可能性が皆無とは言えません。
    出典 :専門分野|手根管症候群
  • ●手術操作による神経への新たな障害が加わり、術後に手の動きが悪化したり、しびれや痛みが増強したりする可能性●縫合した創の付きが良くない場合や、傷が盛り上がること(ケロイド)があります●癒着による神経圧迫の再発●術後の手指のむくみ、創部の違和感
    出典 :専門分野|手根管症候群
  • 一般的な合併症は

  • •手術中・術後の出血の危険性•手術部位への細菌感染:予防のために手術後は抗生物質の点滴を行います•麻酔による危険性:心臓・肺の障害、肝臓などの内臓障害、薬物アレルギー、 喉のいたみ、声のかれ、など
    出典 :専門分野|手根管症候群
  • 手術後は

     

    シーネで固定し、手首を使わないようにする事が大切なのです。ただし注意点として指は積極的に曲げ伸ばしを行う事が大切なのです。しっかりしておきましょうね。

  • 手術以外にもある!

  • 仕事に関連して発生する手根管症候群の場合、仕事を制限することで症状の軽快が期待できます。単純に手を使用しない安静も有効でしょうが、「シーネ」という固定具を24時間ないし夜間だけ使用する方法もあります。
    出典 :手根管症候群の症状・原因・治療・リハビリ [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • ボルタレンは、1錠15.3円で1日3回食後に服用。副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜眼症候群、急性腎 不 全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融 解症、脳血管障害胃炎。
    出典 :手根管症候群の症状・原因・治療・リハビリ [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    このようにボルタレンが使われる事もあるのです!

  • 手根管症候群では手根管の中へのステロイド注射が有効です。通院をしながらこの治療を受けることが可能。Aさんは一度この治療を受け数ヶ月は症状が消えていましたが、治療半年後に症状が再発しました。
    出典 :手根管症候群の症状・原因・治療・リハビリ [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    このような他の方法もあるので参考にしてみてくださいね!