妊娠したら気になる事・・・【流産の基礎知識】流産は身近にある

流産にも種類があります
もちろん誰にだっておきます
どのような事があげられるのか
まとめてみました
知識はつけておきましょう

view342

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 流産は誰でも起きる事

  • 妊娠初期には色々心配なことがありますね。その中でも、流産の不安は大きいのではないかと思います。

    いきなり不吉なことを、と思われるかもしれません。でも流産は決して珍しい事ではありません。20代までの妊娠のおよそ10%、30代からなら25%ほどが流産となってしまいます。

    目をそらさずに、そういう場合もあると知っておくことも大切かと思います
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    誰にだって確率はあるのです
    経験していない人のニュースが多いだけ

  • 流産とは、妊娠22週未満の場合に、赤ちゃんが母体の外に出てしまったり、子宮の中で死んでしまい、妊娠が中断してしまうことをいいます。
    出典 :流産の基礎知識(1)
     

    辛い出来事ですよね・・・

  • 出血が見られたらすぐ受診する

  • すべての妊娠のうち、10パーセントから15パーセントの確率で流産が起きていますので、少量でも出血があったり、下腹部の痛みがある場合は、すぐに医師に診断してもらうようにしましょう。
    出典 :流産の基礎知識(1)
  •  

    自然淘汰と捉えるむきもありますが、短い命であっても、その子があなたたちのところへ来てくれたことは、何らかの意味があると考えるほうが、受けとめやすいかもしれません。

  • 流産の原因をしっかりしろう

  • 早期と後期では原因が違ってきます。妊娠初期の流産は、そのほとんどが受精卵の異常、すなわち、赤ちゃん側の原因です。妊娠12週以前の早期流産の多くは、染色体や遺伝子に異常があってうまく細胞分裂ができなかったためで、偶発的に起こるものです。
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
  • 流産の原因は、胎児にある場合がほとんどです。

    受精卵の染色体に異常があると、受精卵は育つことができませんので、だいたい妊娠11週までに流産となります。
    出典 :流産の基礎知識(1)
     

    胎児側に理由があります

  • 流産の原因の70パーセントが胎児によるものですが、妊娠12週以降の流産は、母体に原因があることがおおくなります。

    子宮の大きさや形、位置の異常、妊娠中毒症などが原因としてあげられます。

    その他にも、外的な要因として、薬や放射線の影響や、下腹部への衝撃、ストレスや過労が原因となる倍もあります。
    出典 :流産の基礎知識(2)
     

    母体にも理由がある事もしばしば見られます

  • 種類もきちんとあるのでしっておく

  • 切迫流産

    胎児は子宮の中で生きていますが、子宮が収縮する為に下腹部痛や出血がある状態です。

    処置を受けることによって、流産を食い止めることも可能になります。安静にして病院の指示・手当てを受けましょう。
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    体験している人も多いので、まずは悩まず病院へ

  • 稽留流産

    自覚症状はなく、胎児がすでにお腹の中で死亡している状態。
    お腹の中で突然死んでしまったり、胎嚢・胎児が成長せず心拍の確認もできません。

    母体に感染症を引き起こさない為、中絶手術と同じような内容の、掻爬手術が必要となる場合がほとんどです。
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    順調にいっていても、起きる事なので気落ちしないように

  • 進行流産

    子宮口が開いて流産が始まってしまった状態。下腹部痛や出血があることも多いようです。

    ここから不全流産か完全流産、どちらかに進みます。
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    不全流産と完全流産についてもしろう

  • 不全流産

    胎児や胎盤などが一部残っている状態。出血や腹痛が続きます。子宮内を綺麗にするために掻爬手術が必要になる場合が多いです。
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    自然に出ない場合にはこちらになります

  • 完全流産

    胎児や胎盤などの付属物も完全に子宮の外へ出てしまった状態。綺麗に出てしまえば、掻爬手術は必要ない場合もあります。
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    出てしまえばと書かれていますが、辛いですよね

  • 化学流産

    生理が遅れ、尿検査で陽性反応が出ているのにも関わらず、胎嚢が確認できない状態。そのうちに、出血・腹痛が起こり、生理が来てしまいます。

    本人が気づかないうちに、痛みの強い生理として起こっていることもある。流産の初期の更に初期の状態。 掻爬手術は必要ない場合が多いです
    出典 :はじめての妊娠 知っておいてほしい 流産の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
     

    妊娠に数えられないケミカルアボーションです

  • まっとうしたと考える事

  • 流産をすると、自分の不注意だったと自分を責めてしまう人も多いと思いますが、妊娠初期の流産のほとんどは、受精の時点で、すでに運命が決まっています。いくら母親が注意していても、流産を避けることはできません。つまり、赤ちゃんは途中でだめになったのではなく、与えられた時間を全うし、生ききったということになります。
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
  • 辛いかもしれません

     

    しかし、流産の経験をしている人は
    多くいます
    そのような経験者の声を聴く事も大切です
    しっておいて損はないので
    聞く耳を持ちましょう