脚長効果抜群!ふくらはぎ痩せ【エクササイズ】

脚が長く見えると全体的に
すらっと見えますよね?
そんなエクササイズをまとめてみました

view642

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ふくらはぎ痩せは

  • 脚ヤセ効果バツグンのストレッチをご紹介します。

    激しい運動をしなくても脚をほっそりする事が可能です。

    ましてや食事制限などを行うと体全体の基礎代謝が落ちてしまう事が多く、部分ダイエットは遠のいてしまいます。

    辛くないストレッチだから毎日続けて美脚を目指しましょう☆
    出典 :部分痩せ!1日たった3分間のポーズで足を細くする脚ヤセ美脚テク | ダイエットマガジン美wise~BeautyWise | 健康に痩せるダイエット
  •  

    すらっとしたふくらはぎ、形のいいふくらはぎ、憧れますよね。

    一般的には、運動をしてもからだ全体で脂肪が落ちていくので、部分痩せは難しいと言われていますが、ふくらはぎの余分な脂肪を取り除いただけで細く見せることは十分可能です!

  • ふくらはぎの位置を上げて脚長になろう!

    ふくらはぎのいちばん太くなっているトップ部分、ここが低い位置にあると、脚のボリュームが下がって見えるので、脚が短い印象を与えます。

    筋肉を上手に鍛えて、トップの位置を引き上げると、同じ太さでも脚が長く見えるのです!
    出典 :脚長効果抜群!ふくらはぎ痩せエクササイズ | 美肌マニアの美容情報
  • カンタン!ふくらはぎ痩せエクササイズ

  • ながら時短もできる!かかと上げ

     

    1.両足をそろえてまっすぐ立ちます
    2.手は、腰か頭に添えます
    3.片足のかかとを後ろに上げてお尻に近づけます
    4.上げた足を下ろすときに床ギリギリのところで止めます
    5.3〜4を10回繰り返します
    6.足を変えて3〜5を繰り返します
    7.これを3セット行います

  • かかと上げのスクワット!

     

    1.両足を肩幅より少し大きめに開きまっすぐ立ちます
    2.手は、胸の前で床と平行になるように前に出します
    3.両ひざを曲げてまっすぐゆっくり腰を落としていきます
    4.つま先立ちになるように、かかとを上げます
    5.この状態で10秒キープ
    6.3〜5を3セット行います

  • 腰を落とすときに前に出たり、うしろにそったりしないようにまっすぐ垂直に落としていくのがポイントです!

    息を止めずに呼吸をしながら行ってください。

    鍛えすぎると逆に筋肉が太くなってしまうので、適度なエクササイズを心がけましょう。
    出典 :脚長効果抜群!ふくらはぎ痩せエクササイズ | 美肌マニアの美容情報
  • 脚の裏側の筋肉をほぐす

  •  

    このストレッチでは脚の大きな筋肉の太ももを鍛える事ができます。

    太ももの裏だけでなく、お尻の筋肉も鍛える事ができるのでヒップアップ効果も期待できます。

    また今回のコースのはじめに筋肉をほぐし、老廃物を流し、代謝を良くする効果もあります。

  • 脚全体のむくみに効くストレッチ

  •  

    痛みなどがキツい方は多少膝を曲げて調整しましょう。

    意外とキープするのは辛いかもしれません…。

    定期的に続ける事で柔軟な筋肉になるので次第に楽になります。

    頑張りましょう!

  • モデル脚になるためのスクワットの方法

  •  

    【 手順1 】
    1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。
    2.この体勢からひざが90度になるまでひざを曲げ、一旦静止します。
    3.ひざを伸ばし、元の体勢に戻ります。
    これを繰り返します。

  • 【 手順2 】
    1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。
    2.この体勢から片方の脚のかかとを上げながら、ひざを曲げていきます。
    3.ひざの角度が90度になったところで一旦静止します。
    4.ひざを伸ばすと同時にかかとを下ろし、元の体勢に戻ります。
    ひざを左右交互に上げ、これを繰り返します。
    出典 :モデル脚になるためのスクワットの方法 | 下半身・太ももエクササイズ
  • 注意して欲しいのは、つま先立ちの時フラフラしないようにしっかりバランスを保って行うことです。
    脚を屈伸させる動作とバランスを保つ意識・動作が重なり下半身に適度な刺激をもたらします。

    筋トレ初心者の人は、10回×1セットから始めてみてください。

    フォームが整い、トレーニングに慣れてきたら、下記のように回数を調節して下さい。

    ◆回数 : 各10回×2~3セット
    ◆セット間の休憩 : 30秒
    ◆頻度 : 毎日または1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
    ※疲労の残り具合に応じて、トレーニング頻度を調節しましょう。

    【ポイント!】
    ・ つま先立ちのとき重心はベタ足の方にかかっていることを意識しましょう。
    ・ 太もも周りの筋肉が使われているかしっかり意識してトレーニングしましょう。
    ・ 背筋は、真っ直ぐ伸ばした状態で行いましょう。
    出典 :モデル脚になるためのスクワットの方法 | 下半身・太ももエクササイズ
  • ふくらはぎの部分痩せで
    モデル脚を目指しましょうね!