下肢静脈瘤ってどんな症状??予防は出来るの??

たまに聞くけど下肢静脈瘤ってどんな病気なの??
予防法はあるの??
気になるまとめ!!

view613

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 下肢静脈瘤ってどんな病気なの??

  •  下肢(脚・足)の静脈が拡張して瘤(こぶ)のように膨らんだ状態を下肢静脈瘤と呼び、拡張した静脈の多くは屈曲・蛇行しています。血管疾患の中で最も発生頻度が高く、軽度のものを含めると成人女性の43%に認められたとの報告もあります。
     下肢の静脈は解剖学的に筋肉内にある深部静脈、皮下を走る表在静脈(大・小伏在静脈)ならびに深部静脈と表在静脈を連絡する交通枝(穿通枝〈せんつうし〉)で構成され、各静脈には血液を重力に逆らって心臓に戻すための逆流防止弁があります。この静脈弁が障害されると血液の逆流が起きて、静脈圧が高くなり、静脈が拡張して本症が発症します。静脈弁の障害(弁不全)は先天的に弁が脆弱(ぜいじゃく)な遺伝的素因に妊娠、立ち仕事、加齢などの誘因が加わり生じます。また、深部静脈血栓症や先天性静脈形成異常などに合併して2次性に発症する場合もあります。
    出典 :下肢静脈瘤 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 発生のメカニズム!!

  • メカニズム

  • どんな症状なの??

  • 血液がうっ滞することにより様々な症状が現れますが、自覚症状がなく美容上の問題を主訴とする場合も少なくありません。うっ滞症状としてはだるい、痛い、むくみなどがよくみられ、足がつる、いわゆる「こむら返り」もしばしば認められます。重症例では皮膚が障害され皮膚炎、湿疹、色素沈着、潰瘍(かいよう)などが観察されます。また、静脈瘤にそって痛みを伴う発赤(ほっせき)と腫瘤(しゅりゅう)を形成する血栓性静脈炎も併発します。
    出典 :下肢静脈瘤 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • どんな原因でなるの???

  • 原因

     

    様々な理由で発症してしまう!!

  • 4つのタイプがあります!!

  • 下肢静脈瘤は、わが国では主に(1) 伏在(ふくざい) 静脈瘤 (2) 分枝(ぶんし) 静脈瘤
    (3) 網目状(あみめじょう) 静脈瘤 (4) クモの巣状静脈瘤 の4つのタイプに分類されます。
    タイプによって治療方法が異なります。
    出典 :足健康 下肢静脈瘤情報サイト:基礎知識 1.血管のしくみと下肢静脈瘤 -4
  • 伏在静脈瘤

     

    病態
    大・小伏在静脈の本幹(ほんかん)の弁が壊れ、本幹や主要分枝が拡張・蛇行(だこう)したもの。血管に沿って皮膚が黒ずんだり茶色になる色素沈着や潰瘍が起こることがある。

    治療法
    ストリッピング術(硬化療法併用)、高位結紮(こういけっさつ)併用硬化療法などで治療される。

  • 分枝静脈瘤

     

    病態
    伏在静脈の分枝のみに見られる静脈瘤。膝周辺の裏側や太もも前面あるいは後面によく見られる。
    大伏在静脈の高位分枝の弁不全に起因するもの、不全穿通枝によるもの、内腸骨(ないちょうこつ)静脈からの逆流によるものなどがある。

    治療方法
    ほとんどが硬化療法で治療される。

  • 網目状静脈瘤

     

    病態
    太もも外側から後面、膝の裏側などに好発(こうはつ)し、網目状に発達する静脈瘤。わが国では、静脈径は2~3mmとされるが、欧米では8mmまでとされることもあり、実際5~6mmに拡張している例もまれではない。
    不全穿通枝や内腸骨静脈からの逆流を認めることもある。

    治療方法
    硬化療法で治療される。

  • クモの巣状静脈瘤

     

    病態
    皮内の細静脈、小静脈が拡張したもの。
    色調・形態・範囲などは様々で、直径は0.1~1mm程度。

    治療方法
    硬化療法がとくに有効。なかには治療困難なものもあるが、他の方法で治療することは難しく、一般に硬化療法の良い適応となる。

  • 女性に多い病気!!

  • 女性の2人に1人が発症している病気

    下半身の血流が悪化し、皮膚に血管が浮き出たり、むくみが生じてしまうのが下肢静脈瘤です。
    だるさや倦怠感、疲労感なども伴うため、日常生活にも大きな影響を及ぼします。
    決して特殊な病気ではなく、女性の2人に1人が発症するとのデータもあります。

    多くの人に発症するのは日常生活の中に原因が潜んでいるから。
    そのため対策・予防も日常生活の中で行っていくことが重要です。
    発症頻度が高い一方、深刻な状況に陥ることは少なく、とくに治療を行わず生活習慣の改善だけで解消できるケースも多いのです。
    では日々の生活でできる下肢静脈瘤の予防方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
    出典 :予防方法はあるの? | 下肢静脈瘤の気になる疑問【知っておきたい下肢静脈瘤のコト】
  • 気になる予防法は???

  • 基本は長時間の立ち仕事を避けること。
    経験がある人も多いと思いますが、長時間立ち続けていると足がむくんでくるものです。
    仕事の都合でどうしても長時間立たなければならない場合には休憩中に歩いたり、階段の上り下りをするなどの対策を行いましょう。また弾性ストッキングの利用も効果的です。

    それから女性が注意したいのが締め付けの強すぎる下着の着用。
    とくにガードルは要注意。下半身の血流を悪化させてしまい、下肢静脈瘤の原因となります。
    出典 :予防方法はあるの? | 下肢静脈瘤の気になる疑問【知っておきたい下肢静脈瘤のコト】
  • 弾圧ストッキングも効果的!!

  • これも効果的!!

     

    もうひとつ、手軽にできる対策方法に足を高くして寝る方法があります。
    下半身の血液は心臓まで重力に逆らう形で流す必要があるため、滞りやすくなるのです。
    就寝の際には足元を15センチ程度高くした状態にしておくと血行がよくなり、下肢静脈瘤の改善や予防に役立てることができます。