怖い脱水症状、適切に対処できますか?

近年の真夏の暑さは尋常ではありません。屋外で作業をしているときに突然倒れたり、室内の暑さで意識を失い、そのまま命を落としてしまうこともあるのです。脱水症状のことを知っておけば、すぐに対処することができます。

view426

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脱水症状ってどんなもの?

  • 大量の水分やミネラルが失われた状態です。

  • どうして脱水症状を起こすの?

  • ・熱中症
    ・下痢
    ・嘔吐
    ・火傷

    などで脱水症状になる人が多いです。

  • 炎天下で長時間過ごすと…

     

    汗を大量にかき、熱中症から脱水症状を引き起こすケースが多いです。

  • 脱水症状になるとどうなるの?

  • ・頭痛
    ・めまい
    ・意識混濁
    ・涙や唾液が出なくなる
    ・皮膚が渇く

    といった現象が見られます。

  • 頭痛がしたら熱中症や脱水症状の可能性が。

     

    そのまま我慢するのは危険すぎますよ!

  • 脱水症状は危ないの?

  • 必要な水分やミネラルを失うと致命的。ひどい場合は死に至ります。

  • 特に注意したい赤ちゃんの脱水症状

     

    赤ちゃんは成人よりも水分の割合が多く、脱水症状のリスクが高いのです。

  • 脱水症状になったときにはどう対処すればいいの?

  • ・市販の経口補水液を飲む
    ・医療機関に行って点滴してもらう

    速やかに対処することができる方法はこの2つです。

  • 経口補水液を飲むコツはある?

  • 少しずつ飲むことがポイントです。
    少しずつ飲む方が、一気に大量の経口補水液を飲むよりも吸収しやすいです。

  • 経口補水液は自分でも作れます。

     

    市販品を購入しても良いですが、砂糖と食塩と湯冷ましがあれば作れるんですね。

  • 脱水症状の予防方法は?

  • ・スポーツドリンクでときどき水分補給をする
    ・熱いところで作業やスポーツをしているときはときどき休憩を入れる
    ・夜は早めに寝て疲労を回復させる
    ・しっかりと食事をとる
    ・直射日光が当たらないよう帽子をかぶる

    これでかなりリスクが減らせます!

  • スポーツドリンクはミネラルやアミノ酸、エネルギー補給にも。

     

    汗をかくことで失われる栄養素が補えます。

  • しっかりと眠ることも脱水症状予防に!

     

    できればエアコンも使いましょう。