『胸が痛い』時に疑うべき病気

胸の痛みは、命に関係する病気が最も多く含まれておりさまざまな病気が考えられます。
考えられる病気を調べまとめました。胸痛が起こったら、発症の時期、症状などの特徴をよく観察・整理し、医師に伝えることが大切なようです。

  • choco 更新日:2013/12/05

view359

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胸痛のために医療機関を受診する患者さんは意外なほど多いです。胸痛は腹部の病気でも起こりえますが、原因として多いのは、心臓・大血管疾患、呼吸器疾患(気管支・肺の病気)、胸膜疾患といった胸の病気です。
    出典 :胸痛が起こるメカニズム [心臓・血管・血液の病気] All About
  • 胸の痛みは、さまざまな症状のなかで命に関係する病気が最も多く含まれています。もちろん、激しい痛みが起こったなら、ただちに病院へ行かなければなりませんが、一方、心臓や肺などに重大な異常がなくても出現する胸痛も多く、胸痛は怖いという不安感から必要以上に心配し、かえって症状が強くなることもあります。胸痛が起こったら、発症の時期、部位、程度、持続時間、随伴症状などの特徴をよく観察・整理し、医師に伝えることが大切です。
    出典 :胸が痛い - 病気検索 胸痛 - goo ヘルスケア
  • 胸痛を伴う病気には以下のような病気があります

  • ○大動脈解離 (解離性大動脈瘤)

    緊急度が高いためトップに挙げました。強い胸痛や背中の痛みが突然起きます。患者さんの言葉をお借りすると、「人生で経験したことのない強い痛み」とか「ナイフで刺されるような痛み」というような強い痛みが特徴で、痛みは通常は持続し移動します。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • ○狭心症・心筋梗塞

    頻度が高く、緊急度も高い病気。狭心症になると、心臓に血液を送る冠動脈が狭くなり、心臓の筋肉が酸欠状態となって胸が痛んだり胸・首・あご・腕・肩などの圧迫感・重圧感を覚えます。運動時に痛むことが多いですが、重症の場合は安静時にも痛みが起こり、放置すると危険です。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • ○心筋炎

    風邪の症状や胃腸症状などがしばらく続いたあと、胸痛や息切れ、足のむくみ、血圧低下、脈の乱れなどが出現します。こうした変化が続く場合、循環器内科か内科を受診して下さい。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • ○心膜炎

    急性心膜炎は、心膜に炎症を起こす感染症、特にウィルス性のものやその他の病気が原因で起きます。その他にも原因となる病気があり、心筋梗塞、心臓手術、膠原病、がん、腎不全、甲状線機能低下症、放射線療法などがそれに当たります。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • ○心臓神経症

    心臓にはっきりした病気がないのに、心臓に関連したいろいろな症状を起こす病気をいいます。青年や中年の男女に比較的多い病気です。タバコやコーヒー、拒食症や精神的ストレス、何か心配ごとや過労などが加わって起こります。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • 上記以外にも10種類の病気がこのサイトに記載されています

     

    気になる方はすぐに調べるか、病院へ行きましょう

  • 症状をチェックできるサイトもあります

  • 緊急度をチェック出来るシートもあります

  • 「心臓外科手術情報WEB」

     

    心臓血管外科について、患者さんや一般開業医の先生に心臓手術や心臓血管手術の情報を提供することを目的されたサイトです。
    こちらも参考にしてください。

  • 女性の場合、女性特有の病気も考えられます

  • ○日常生活から考えられる原因
    ○乳房の痛み、しこりをともなう疾患
    出典 :乳房の痛み、しこり 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    生理の周期による女性ホルモンの変化、月経前症候群(PMS)、乳がんも考えられるようです。

  • 男性にも乳がんの可能性?

  • 乳がんというと、女性の病気のようなイメージがありますが、実は乳がん全体の約1.0%は、すなわち100人に1人くらいは男性がしめています。60~70歳の男性が多く、女性の乳がん同様にしこりができて皮膚がへこんだようになることもありますが、痛みはともないません。
    出典 :乳房の痛み、しこり 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 不安が拭えない場合は・・・

  • 以前からときどき胸痛があり、現在一応落ち着いているという状況でも、速やかに循環器内科か内科の外来を受けるのが安全でしょう。深呼吸で痛みが変化する場合は呼吸器内科か内科が良いかも知れません。
    出典 :胸痛を伴う病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • 不安を感じたらすぐに病院で受診しましょう!