風邪?インフルエンザ?38度の発熱、貴女は大丈夫!

38度以上の発熱があるとインフルエンザの可能性が高いので注意してください。
他にも風邪とインフルエンザを分けるポイントがあります。

view2328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 風邪の主な症状は?

  • 普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。
    かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
  • 鼻水が止まらない

  • インフルエンザは主な症状は?

  • インフルエンザの潜伏期間は1~2日と言われています。感染し発症するとまず悪寒や全身の倦怠感、食欲不振などのインフルエンザ症状が現れます。
    出典 :インフルエンザの症状
     

    この期間は風邪と症状がよく似ています。

  • そして、38℃以上の発熱があり、身体の節々が痛くなるなどの症状が現れます。喉の痛みも現れ、場合によっては咳や鼻水、くしゃみ、下痢、嘔吐などのインフルエンザ症状が出ることもあります。
    出典 :インフルエンザの症状
     

    38℃以上の発熱があるとインフルエンザと判断しても良いでしょう。

  • 38度以上がが目安

  • 症状はどのくらい続くの?

  • 通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
  • 熱が高いからといって解熱剤などを使う場合思いますが、解熱剤の使用によってインフルエンザ脳症を重症化させる可能性があるという研究が報告されています。
    インフルエンザの症状を抑えるために薬は必要ですが、自己判断で薬を飲むのは症状悪化の危険性があるので、必ず医師の判断に従って薬は服用をしてください。
    出典 :インフルエンザの症状
     

    発熱が38度を超えるようなら、病院へ行くのが良いでしょう。

  • 無暗にお薬を飲まないでお医者様の支持に従いましょう

  • インフルエンザの症状を改善するためには、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です。抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
     

    子供の服用は注意が必要です。

  • 熱が下がってくると他の症状も徐々に緩和をし始めます。関節や筋肉の痛みも和らぎ、悪寒や倦怠感の症状も収まってくれば、身体もかなり楽になり動き出すことができると思います。
    しかしここでまだウイルスを保菌している場合があるので、少し楽になったからと言って無理はしないでください。ここでも医師の判断が重要になりますので、職場復帰などについては医師と相談して決めてください。
    出典 :インフルエンザの症状
     

    熱が下がってもウイルスは体内に残っています。

  • 発熱38度。インフルエンザだと思ったら早めのお医者さん!

  • 高熱が続き、他の症状もかなり強いので発症すると辛い日々が続きます。その為にもインフルエンザの症状が深刻になる前に病院に行くことがインフルエンザ症状の緩和に繋がります。
    出典 :インフルエンザの症状