早めの発見を!認知症のチェック、8ヶ条。

単に物忘れが多くなった・・・という場合と、アルツハイマー型認知症とでは、初期段階に於いての区別はかなり難しいと言われています。しかしある程度の症状があれば疑うことも可能です。認知症のチェックをしてみましょう。もし3つ以上あるようなら一度医療関係にご相談をしてみては?

view307

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 1、日常生活の出来事・経験をすっかり忘れてしまう

  • 常に探し物ばかりしたり、伝言を忘れたり等が目立つ。

  • 2、今、何時なのか?時間の感覚がなくなる

  • 年月日、時間、朝昼晩の把握ができなくなる。昼寝から目覚めて朝と勘違いする。

  • 3、自分の居場所がわからなくなる

  • いつも利用する道順なのに迷い始める。今いる場所や住んでいる場所がわからなくなる。

  • 4、会話に不自由さを感じる

  • 物の名前がわからなくなる。「それ」「あれ」という表現が多くなる。

  • 5、今まで出来ていたことができなくなる

  • 知っ得!なごや 認知症を知ろう! - YouTube

  • 服を着る順番など、様々な手順の組み合わせが分からなくなる。

  • 6、年単位でゆっくり記憶障害が進む

  • 認知症は治るのか? - YouTube

  • 短期間ではなく、徐々に長い時間をかけて記憶が低下する。

  • 7、その場を取り繕うようになる

  • 人の質問について無関心を装い、相手に合わせて取り繕うようになる。

  • 8、作り話が多くなる

  • 認知症を楽しく学ぶ紙芝居 だいすきだよ。おばあちゃん!!【北九州市】 - YouTube

  • 記憶の断片を繋ぎ留めるために、ありもしないこと、フィクションを補って作り話をはじめる。