あなたの血圧の薬は安全?健康管理と高血圧との付き合い方

血管は全身くまなく通っていますので、健康に大きな影響を与えるのが血圧です。噂に左右されるのではなく、正しい知識で、健康管理を行っていきましょう!

  • pocca 更新日:2013/08/31

view427

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 間違った情報、正しい情報、いろんな情報が錯そうしていますが、自分に合っていることが大切なのです。

  •  

    血圧に悩みを持つ人は、まず、毎日決まった時間に血圧を測ることが大切です。自分の平均的な血圧を知ることで、健康管理に必要なことが見えてくるのです。

  • 最近、血圧の薬でディオバンという薬が問題になっていましたね。しかし、知り合いの内科医に聞いたところ、その薬の効果自体には全く問題ないとのことでした。問題なのは、薬そのものではなく、それを作るまでの過程にあったようです。

  • 高血圧の治療に薬が用いられる場合には、必ず血液検査をして、その人に薬があっているのかどうかを先生がきちんと判断したうえで処方されます。血液検査であらゆることを考えて、薬を選ぶのです。

  • 「改ざんの証拠なし」 降圧薬問題でノバルティス - YouTube

     

    ディオバンの件では、データの改ざんをしたとのことで、問題になっていました。しかし、この薬そのものに問題があったのでしょうか?

  • 高血圧にはディオバンを処方するお医者さんが多いと言います。なぜなら、その薬の効果が高いからだそうです。もう何年も処方されている患者さんに、この薬が大丈夫?と聞かれると、医者はこう答えるそうです。「あなたは今、体調がいいでしょ!それが答えです」

  •  

    お医者さんは、本当にすごい人なのです。人それぞれに違う体質をきちんと判断して、薬を処方しています。いろいろな噂に翻弄されるよりも、かかりつけ医をもっと信じましょう!

  • 病は気からといいます!心配は病気の元です。できるだけ、心にもやもやをなくすことも大切です!血圧や、高血圧で心配事があったら、迷わずかかりつけ医に相談しましょう!

  • 家庭用自動血圧計の測定方法(パーソナルトレーナー解説)part1 - YouTube

     

    血圧を測るとき、どうしていますか?血圧はちょっとしたことで正確に測れなくなってしまいます。ですから、正しい血圧の測り方を学んで、本当に正しい自分の血圧を知りましょう。正しく測ると高血圧ではない?かもしれません。

  • 高血圧の人は、注意が必要です。年配の人ではなくても、最近では若くても脳卒中になる人がいるようです。血圧に不安がある人は、かかりつけ医に相談して、血圧の薬を出してもらう事も健康管理には大切なことかもしれません。

  •  

    血圧は、食事でも大きく変わってきます。高血圧の人は、塩分を控えることも大切です。食事制限で血圧が下がることもあるのです。

  • iPhone今更GET!安く買えてしかも健康管理品もらっちゃった! - YouTube

     

    スマートフォンで健康管理できるグッズも人気です。身に着けることで一日の消費カロリーを管理し、スマートフォンでその数値を管理できるというものです。

  • 体調は人によって違います。だから、効く薬も人によって違うのです。

  • 血圧の薬はたくさんあります。どの薬をどれくらいの容量で飲むのかは、採血をして医師に判断してもらうことが必要です。

  • 体調って季節によって変化する?

  •  

    夏と冬では血管の状態も違います。怖いのは、温度差です。体調もどんどん変わりますから、毎日体重を測るなど、自分の体の変化に気付くことも大切です。

  • 難しいことは分からなくても、血圧を下げることはできます。規則正しい生活、塩分を控える生活、ストレスをなるべくためない、これだけでも高血圧を抑えることができるのです。

  • 降圧剤を飲んでいる人に一つ注意があります。降圧剤とグレープフルーツの成分は相性が悪いようです。グレープフルーツに含まれる成分が一部の降圧剤(Ca拮抗剤)の代謝を阻害することにより、降圧剤の効果を強めてしまいます。
    以前はグレープフルーツの皮にその成分が含まれるということで、グレープフルーツジュースという表現が多くありましたが、今は果肉もよくないと考えられています。
    また、グレープフルーツ以外の柑橘類にも注意が必要なものもあります。
    グレープフルーツによる代謝阻害は数日続きますので、お薬との間隔をあけても、過度の降圧作用がでてしまう可能性があります。


    一部引用

  • 医師の診断によって適切な薬を処方してもらうことが一番いいのです。血圧関係の噂はいろいろありますが、噂に振り回されないで、自己の健康管理に努めていきましょう。