妊娠10週目胎児と旅行♪でも心配な事だらけ・・・。飛行機・海・温泉は大丈夫?

妊娠10週目の胎児へ気を付けることは?つわりも落ち着いて、気分も上がってくるころ。まだ行ってなかったハネムーン、友人のリゾート結婚式、産まれたら行けないから~と旅行の計画!!心配な飛行機・海水浴・温泉のまとめ。

view515

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飛行機に乗る前に申告しよう

  • 妊娠初期に飛行機に乗る場合は、 
    航空会社に事前に妊婦であることを伝えておきましょう。
    席が選べるようなら、足元の広い席や、トイレに近い席をえらびましょう。
    空港にも早めに到着するようにし、手続きも早めにしておきましょう。
    妊娠していると告げておくと、荷物を運んでくれたり、色々と気を遣って頂けることも。

  • ANAオリジナル「マタニティマークタグ」

     

    まだお腹が目立たないこの時期、優先搭乗は人目が気になる...。
    そんな時はこれ!!
    ANA空港カウンターにてもらえます♪

  • エコノミー・クラス症候群予防

  • 妊娠中は血栓ができやすい体質になっています。飛行機の中でずっと同じ姿勢をとっていたり水分摂取が少なったりするので注意が必要です。
    飛行機の中では、こまめに足を動かしたり、機内をお散歩したり、水分も意識してとりましょう。
    でも炭酸飲料は禁物ですよ!!

  • 放射能被曝?

  • 飛行機は地上よりも放射能が高い高度上空を飛ぶため、多少被曝量が増えます。
    それが胎児に影響するかというと、明らかに奇形が増えるなどの調査結果はありません。
    妊娠初期に飛行機に搭乗していた客室乗務員の子供に奇形が多いとの報告もありません。
    出典 :産婦人科日記: 妊婦さんは飛行機にのってもよいか?
  • それでも心配、という人は、『JISCARD』(放射線医学総合研究所)という飛行機での被曝線量を航路、季節ごとに計算できるサイトがあります。
    その値に安心できるならば乗ったらよいし、安心といわれても不安、という人は乗らなければよい。ちなみに、被曝線量ゼロはあり得ません。
    出典 :産婦人科日記: 妊婦さんは飛行機にのってもよいか?
  •  

    機内でむくみ防止に加圧靴下も便利~☆

  • 妊娠10週目、海水浴はOK??

  • できれば妊娠中に海に行くのは控えたほうがいいかも。

  • ●感染症などに感染する可能性がある。
    海に入ることで、腸管出血性大腸菌感染症、ビブリオ・バルニフィカス感染症、日本脳炎、咽頭結膜熱などの感染症に感染する可能性があります。

    また、海水浴場でのシャワーなどは、砂がついた状態で浴びることになるため、感染症になるのが心配です。
    出典 :妊娠初期の海、海水浴
  • ●体を冷やしてしまう。
    海水は、思いの外冷たく体を冷やす原因になります。休憩中も冷たいものを食べたりするので余計に体を冷やしてしまいます。

    妊娠初期の体の冷えは、赤ちゃんにとってあまりいいとは言えない状態です。
    出典 :妊娠初期の海、海水浴
  • ●日焼けによる疲労。
    日光を浴びると、予想以上に体が疲労することになります。また、妊婦さんは肌が敏感になっているので日焼けによるメラニンの生成が心配です。

    上の子と一緒に海に行くと、お世話もしなければなりません。自分で休憩することができないので、更に疲労が蓄積されることになります。
    出典 :妊娠初期の海、海水浴
  • ●なぜ、プールがOKで海がダメなの?
    なぜ、プールは大丈夫と言われるかというと、プールは、マタニティ専門のコースがあり、助産師や医師のサポートがある施設が多いからです。

    また、水温も一定になっていて体が冷えすぎるということも少ないです。開催される時間も子宮の収縮が少ない日中に設定されていて、妊婦さんへのサポートが充実しているのでOKとなっています。
    出典 :妊娠初期の海、海水浴
  • 泳がなくても、きれいなビーチを楽む方法はたくさんあります。家族やパートナーに相談して一緒に考えてもらいましょう。

  • 妊娠10週目、温泉は入ってもいいの??

  • 「妊娠中は入浴を避けるべき」規定が削除へ

  • 基本的には温泉の成分が妊娠中に胎児に直接影響を与えることはないといわれています。
    また温泉にはいることで切迫早産や流産の発症率に差はないようです。 妊娠中に温泉に入ってはいけないという、医学的な根拠は乏しいというわけです。
    出典 :妊娠と温泉
  • 温泉そのものが妊婦に悪影響を与えることは考えられません
    ”妊娠初期や後期の妊婦には温泉は禁忌”というのには全く根拠がありません
    温泉は妊婦さんにとっても、女性の健康と美容に素晴らしい効果をもたらす自然の恵みです

    ただし、妊娠初期には15%以上の流産があること(これは自然の決まりごとです)や、おさんが近づくとお腹が張ってきたり、破水が起こったりしやすくなります このために妊婦さんにトラブルが起こりやすいのは事実です
    しかしこれはなにも温泉に限らず普通のお風呂でも同じことです つまり、
    気をつけることは熱いお湯や長湯はなるだけしないように心がけましょう
    出典 :温泉 of iwanaga LC main
  • 自分が妊娠10週目の胎児がいることを忘れずに、細心の注意をはらいつつも、温泉を楽しみましょう♪