メイクのやり方によっては老けた印象を与えます。すばり、老けメイクの方法とは?

女性の顔はメイクの仕方で、魔法にかかったようにがらりと変身します。老け顔に見えてしまうメイク方法についてのまとめです。

  • Forti 更新日:2014/10/31

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老け顔に見えてしまうメイク方法とは?

  • 化粧下地を使用せずにファンデーションを塗る!

     

    化粧下地には、クリームタイプとリキッドタイプ、コントロールカラーの効果を出せるタイプなどの3種類あります。まずは、自分の肌に合うようなものを選ぶことが大切です。肌がべたべたするので、あんまり使いたくないと思うのは大きな間違えです。化粧下地の役割は、本当に大切なのです。年を重ねると自然と増えていくシワやシミなどは、ファンデーションだけでは隠しきれません。また、年を重ねると共に紫外線の影響を受けやすくなっているため、下地クリームは紫外線の肌へのダメージを少なくしてくれますので絶対に必要なものとなります。このような役割のある化粧下地は、またファンデーションを肌に馴染みやすくしてくれるため、ファンデーションだけで肌のトラブルを隠そうとして必要以上の厚塗りも防いでくれます。

  • ファンデーションの厚塗り!

     

    老化した肌を隠すようにファンデーションを厚塗りすると返って老けた印象を出します。

  • コンシーラーの付けすぎ!

     

    しみや肌のくすみを隠すためにコンシーラーを付けると便利です。肌が本当にきれに見えますが、沢山付けすぎるとメイクにムラができて、メイク崩れが起きやすくなり、それと同時に老いた印象を与える場合もありますので、コンシーラーの付けすぎには要注意です。

  • 眉毛をペンシルでアーチ型に描く!

     

    眉毛は本当にないがしろにしてはいけませんよ。眉の形でイメージもかなり変わってきます。眉を黒一色でアーチ型に描いただけの眉毛は、何となく時代遅れで老け顔感が出てしまいます。

  • 極太アイライン!

     

    時代遅れの感じで、老けた印象をUPしてしまう場合があります。

  • チークの位置を低くいれる!

     

    頬骨の高さが出ないため顔が下がったように見え、老けた印象がUPしてしまいます。

  • チークはブラウン系に!

     

    自分の肌の色にあったチークカラーを付けることが大切です。だいたいは、薄いピンク系が肌に近いかもしれません。チークカラーがブラウン系だとさらに肌がくすんだ感じになり老け顔になりやすくなってしまいます。

  • 口角を下げてリップペンシルで描く!

     

    年とともに口角が下がるため老けた印象をさらにUPしてしまいます。

  • 真っ赤な口紅!

     

    真っ赤な口紅は、若い人が付けた場合はぱっとして綺麗なイメージがあるかもしれませんが、年を重ねた人の場合は、赤い口紅が派手に見えてしまい、かえって老け顔に見える場合があります。

  • ちょっと鏡を見てみてください。あなたのその顔、時代遅れじゃ……ありませんか? それどころか、老けて見えません?ファッションと同じようにヘアもメイクも時代の流れによって流行は刻一刻と変わっていくもの。「私にはこのメイクが似合うから」なんて悠長にしていたら、いつの間にか時代遅れな顔になってしまい、結果せっかくお化粧をしているのに男性から「なんだこの顔……」と思われている可能性も大いにあります。
    出典 :女の顔すさまじ!老け顔に見える「時代遅れなオバさんメイク」3つ
  • しわやシミがある顔は年齢よりも老けた印象を与えますが、化粧崩れも同様に老け顔を招いてしまうので注意が必要です。
    出典 :女性が老け顔に見える原因は化粧崩れ!老けメイクを回避する方法 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 通常、若々しく見せるためにするメイクアップ。しかし、誤ったやり方や、不適切な道具の使用によって、却って老けて見えてしまうことも。
    出典 :老け顔に見える10の失敗メイクアップ「パウダーファンデーションの使い過ぎ」 - Peachy - ライブドアニュース
  • アイメイクは黒より明るい色を選ぶ。眉はまっすぐ、明るく。
    出典 :「眉はまっすぐ、明るく」。メイクで自然に若返るテクニック - キャリア女性に役立つサイト|cafeglobe
  • 年を重ねるとそれなりに自分の肌のコンディションを知ることが大切だと思います。そして、メイクも年相応なメイクというものも大切だと思います。若い肌とは違う魅力を生かしたメイクが必要だと思います。シミや肌のくすみなどをメイクで隠そうとするとかえって老けメイクになってしまう場合があります。老けメイクにならないためにも、メイクのポイントをしっかりと把握しながら、まずは下地クリームを自分に合ったものを見つけることから始めてみるのもいいかもしれませんね。