私にもできる「早起きのコツ」ってありますか?

早起きのコツって難しいのかな~?
“三文の徳”って言うけど、良いことありそうだし、
早起きしてみたい!

実は色々コツがあるみたいですよ♪
トライしてみましょう!

view311

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早起きする「理由」を作る

  •  

    何のために早起きしなきゃいけないのかが分からなかったら、さすがに早起きはしないでしょう。私はよく寝る前に明日の流れを一度頭の中で考えて、朝にできることを計画するんですね。そうしたら早起きする決心が無意識的にも強くなりますよ。

    引用)http://naruhodo.jp.net/get-up-early/

  • 「明日の朝、アレがあるから早起きしなきゃ!」って思うと、不思議と起きられたりしますよね!

  • 徐々に生活リズムを変える

  •  

    今までと同じ時間に寝て、朝起きる時間だけ早くするのでは単純に睡眠時間を削っているだけで、昼の活動時間に影響が出ます。早起きするためには、就寝時間も早めなくてはなりません。しかし、2時間早く起きるために、急に就寝時間を2時間早めても、なかなか寝付くことができなかったり、浅い眠りで充分な睡眠効果が得られなかったり、急な生活リズムの変化は体に無理な負担がかかることになります。生活リズムを変えるコツは、1週間に30分ずつ寝起きする時間をずらしていき、1カ月くらいかけて生活時間帯を調整していくことです。

    引用)http://thechange.jp/hayaoki6-6811.html

  • 好きな音楽をアラームにかける

  •  

    自分の嫌な音に起こされるよりも、好きな音楽で起きるほうが気分がいいでしょう。でも好きな音楽だからもっとぐっすり眠る可能性もあるから、気をつけて下さいね。

    引用)http://naruhodo.jp.net/get-up-early/

  • 高めでかたい枕を使う

  •  

    時代劇などを見ると、武士は堅そうで高い枕で寝ています。 敵が攻めてきた時、サッと起きるためにも、あの枕が効果的 だったのでしょう。あなたも早起きの睡眠リズムを獲得する まで、ソバ殻などのかたい枕に替えてみて下さい。

    引用)http://ww22.tiki.ne.jp/~u-jeune/souchoujyuku/kotsu.html

  • カーテンを少し開ける

  •  

    防犯上、気になるという問題もあるでしょうから、全開にする必要はありません。少しの隙間からでも、部屋に朝日が差し込みさえすれば良いのです。光は体内時計を整えるのに重要な役割を果たします。

    引用)http://igot-it.com/hayaoki-kotu-2087.html

  • 朝日を浴びることで、体内時計をリセットでき脳が「朝モード」になるのです。

  • 食事でする早起きの方法

  • 1.夜にカフェインを含むコーヒーや紅茶を飲まない。寝付きが悪ければ早起きは難しいです。
    2.朝食を食べる習慣をつけましょう。昼食や夕食もなるべく毎日同じ時間帯に摂りましょう。
    出典 :早起きのコツ|みんながやってる33の方法
  • 目覚まし時計で早起きする方法

  •  

    目覚まし時計を3つ用意し、起床時間30分前・起床時間15分前・起床時間ちょうどにセットします。一説によると、人が目覚めてから実際に起床するまでに30分の準備時間が必要と言われています。その時間を見越して目覚まし時計をセットするという方法です。

    引用)http://earlybird.dgc2.com/

  • “先手”を打つんですね!