【忙しい人に朗報!】シャワーだけでも温まる方法

湯船に浸かりたいけれど、時間がなくていつもシャワーで済ませちゃうそこのあなた!朗報です。シャワーでも体を温める浴び方があるのです。

view2646

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体が温まるシャワーの浴び方

  • (1)空っぽの湯船に栓をして、中に入って座る。

     

    出典:http://lbr-japan.com/2012/12/19/1746/

  • (2)座ったまま、いつも通りシャワーで体にお湯をかけたり、シャンプーやトリートメントをしたり、顔や体を洗ったりする。

     

    出典:http://lbr-japan.com/2012/12/19/1746/

  • (3)最後に立った状態で全身にシャワーでお湯をかけて洗い流し、湯船も洗ってから浴槽を出る。

     

    出典:http://lbr-japan.com/2012/12/19/1746/

  • たったこれだけで良いのですね!意外と簡単!

  • 他にも、こんなコツがあるのです!

  • <足湯シャワー>

  • バケツや洗面器を用意して42~43℃の熱めのお湯をため、足を入れます。この時、足のくるぶしより少し上までお湯に浸かるのが理想的です。足を容器に入れたまま、シャワーを浴びる方法が「足湯シャワー」です。足湯を行うことで、全身の血行を良くし、体内の老廃物代謝を高め、病気を予防することもできます。足湯には半身浴と同じ程度の効果があります。洗面器やバケツだと転びそう……という方には、お風呂そうじ用の長靴もおすすめ。長靴にお湯をいれれば、動きやすく、効果的に温めることができます。
    出典 :身体の芯から温まるシャワーのコツ | イオンスクエアニュース | イオンスクエア
  • <バスタオルシャワー>

  • バスタオルを2枚用意します。1枚は両肩を覆うように肩にかけ、もう1枚は腰に巻き付けます。この状態でシャワーを浴びることで、バスタオルが吸い込んだお湯や蒸気が身体を温め、スチームバスのような効果が得られます。冷えによって血行が悪くなりやすい肩と腰をバスタオルで包むことで、効果的に全身を暖めることができます。
    出典 :身体の芯から温まるシャワーのコツ | イオンスクエアニュース | イオンスクエア
  • <ツボ刺激シャワー>

  • 人間には無数のツボが存在しますが、身体を温めるツボも存在します。後ろ首の付け根にあるツボ「風門」を熱めのシャワーで温めると、身体全体がポカポカしてきます。このツボを温めることで、風邪や肩こりにも効果があると言われています。
    出典 :身体の芯から温まるシャワーのコツ | イオンスクエアニュース | イオンスクエア
  • <温冷シャワー>

  • ひざ下を中心に、冷たい水と熱めのお湯を交互にかけます。水で冷やすことに抵抗があるかもしれませんが、冷水をかけることで血行が良くなり、冷めにくくなります。
    出典 :身体の芯から温まるシャワーのコツ | イオンスクエアニュース | イオンスクエア
  • どれも簡単にできるのが良いですね。

  • これから寒くなり体調を崩しやすくなります。体を温めて、風邪をひかない健康な体にしていきましょう。