気をつけて!「低血圧で立ちくらみ」の症状が出る

低血圧で立ちくらみが起きた時が危ないのです。どのような原理で起きるのか見てみましょう

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低血圧の立ちくらみは

  • 低血圧の人が立ち上がった時に立ちくらみが起こる場合があります。これは主に起立性低血圧と言われるもので、寝ている状態から身体を起こしたり、座っているところから立ち上がる時に急激に血圧が下がる現象です。
    出典 :低血圧の立ちくらみ
     

    急激に血圧が下がると辛いですよね

  • 主に脳の血液量が少なくなるために起こることで、特に高齢者がこれによる転倒などで思わぬ怪我をすることにもなりかねませんので、十分注意が必要な症状です。
    出典 :低血圧の立ちくらみ
     

    これが意外と転んでしまうのです

  • 食後に

     

    良く起きるとされているのも低血圧です。こちらは起立性低血圧の場合がほとんどですね。高齢者にも多くみられますが、あまりにひどい場合は投薬治療が行われる事になるのです

  • 失神発作が怖い

  • 15~47%の人で成人になるまでに少なくとも1度は失神発作を経験するといわれています。とくに思春期において発症頻度は増加します。 突然死した小児の25%は失神発作の既往歴をもっているといわれ、失神発作を繰り返す患者さんは、心疾患などの重篤な基礎疾患をもっているおそれがあります。
    出典 :めまい・立ちくらみ・失神|症状|低血圧 Support Group
     

    基礎疾患で起きると危ないですよね

  • 原因は

  • 低血圧の原因となるものは様々であるが、全てに共通することは、立ち上がった時に重力と血管の収縮の関係で頭部の血液が足部に降りてくることにより、血液を使って脳に送られる酸素の量が著しく低下し、種々の症候を示すことである。
    出典 :起き上がりや立ち上がりの際の立ちくらみ ~起立性低血圧~ (製作中) - Yahoo!知恵袋
  • 血圧が低下していることで、脳へ供給される血液が減少するためにさまざまな症状が起こります。とくに立ち上がる際に血圧が低下する起立性低血圧では、めまい、立ちくらみは80%以上にみられる症状です。重症の場合には失神することもあり、転倒や骨折の危険もあるなど注意が必要です。
    出典 :めまい・立ちくらみ・失神|症状|低血圧 Support Group
  • 工夫をして立ちくらみの対策をしよう

  • 血圧を計り、5分ほどハンカチや厚手のマスクを口に当てておいて、もう一回計ります。この時、少しだけ苦しいくらいがいいと思います。 血液中の酸素が少なくなると血圧が上がる事を利用するのです。 その人に合う合わないが有りますので、一度実験してみて下さい。
    出典 :立ちくらみ起立性低血圧について。 最近、お風呂から立ち上がると 目が回... - Yahoo!知恵袋
     

    民間療法ですが使えますよ

  • 低血圧による立ちくらみが心配な場合は、なるべく急激な動作をしないように心掛けましょう。食休みをきちんと取ったり、立ち上がるときには寝ている状態や座っている状態のまま少し身体を動かしてからゆっくり上体を起こすなどの工夫でふらつきなどは防げます。
    出典 :低血圧の立ちくらみ
     

    ゆっくりと行いましょうね

  • 出来れば畳や布団の生活ではなくイスやベッドの生活にするなど、立っている状態から動作が少なくて済む生活様式に変えたほうが安全なのですが、高齢者はなかなか抵抗があるかもしれませんね。立ちくらみがひどくて病院を受診する場合は内科でも耳鼻科でも基本的には大丈夫です。
    出典 :低血圧の立ちくらみ
  • ・六年根 高麗紅参 ・コエンザイムQ10 + 紅参エキス
    出典 :起立性低血圧(めまい 立ちくらみ 朝起き不良)の漢方薬治療
     

    これらの漢方も効果的ですね

  • 食べ物も気にしてみよう

     

    食べ物は、レバー、ほうれん草、ひじきなどを摂ると効果的だそうです。また、場合によっては一時しのぎにチョコを食べるという方法もあるそうですよ。参考にしてみてくださいね