日焼け防止が、若さを保つ秘訣

アウトドアを楽しむとき、夏の海や山、また、冬のスキー場など、紫外線の多いところで過すときは、日焼け防止は必須です。

view344

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 日焼けの弊害

  • 紫外線は、眼科的にも白内障の大きな原因となります。 唯一、日焼けの効能は、骨を丈夫にするビタミンDの合成促進作用ですが、1日15分で充分です。それでも健康のために、プラスマイナスを考えると積極的な日焼けは、マイナス面の日焼けの弊害の方がおおきいからです。
    出典 :日焼けは怖いー日焼け対策の理由
  • 皮膚がんの一因に

     

    紫外線は皮膚がんの他に、白内障の危険性を高めたり、皮膚の免疫力を妨げることがあります。

  • シワやシミの一因に

     

    シワやシミの一因にもなります。
    身体へのダメージは年を重ねてから結果が出ることも多いため、早い段階から対策をしておきましょう。

  • 日焼けと紫外線

  • 地表に到達する紫外線には、「UVB」と呼ばれる波長290~320nmの紫外線と、「UVA」と呼ばれる波長320~400nmの紫外線の2種類があります。それぞれ、次のような影響を肌に与えます。
    出典 :花王株式会社 製品Q&A 紫外線が肌に与える影響は?
  • ■UVB
    UVBは大部分が表皮で吸収され、短時間で皮膚に炎症(赤み、腫れ、水疱など)を起こさせる作用があります。炎症がおさまると、数日して皮膚のメラニン色素が増加して、黒く変化します(遅延黒化)。黒くなった表皮は、約1ヶ月で新陳代謝によってはがれ、元の肌色に戻りますが、くり返しUVBを浴びることは、しわやしみなどの皮膚老化を促進します。また、皮膚がんを誘発することもあります。
    出典 :花王株式会社 製品Q&A 紫外線が肌に与える影響は?
  • ■UVA
    肌の奥深く真皮まで届き、肌の弾力の低下や、しわ、たるみなど、皮膚の老化を促進します。
    雲やガラスを透過するため、くもりの日や室内にいる場合でも肌に影響を与えます。また、強い日ざしを浴びた直後に肌が黒くなり、30分から数時間で消える反応(即時黒化)は、UV-Aが関係しています。これは、皮膚の表皮にある淡色のメラニン色素が濃色のメラニン色素に変化して黒くなる現象です。
    出典 :花王株式会社 製品Q&A 紫外線が肌に与える影響は?
  • 日焼けが原因、3つの肌トラブル

  • http://日焼け対策jp.com/のページから引用して、肌トラブルについて紹介します。

  • シミ・そばかす

     

    人間の皮膚は何層にも重なっています。表皮の最下層にあるメラノサイトが紫外線などによって刺激を受けると、皮膚を守ろうとメラニン色素が作り出されます。
    通常は肌のターンオーバーによって自然と皮膚表面からはがれますが、メラニン色素が過剰に生成されると皮膚に残ってしまいシミとなってしまいます。

  • 肌荒れ

     

    紫外線は皮膚の水分を保持しているコラーゲンやエラスチンにもダメージを与えてしまいます。すると皮膚の保水力が低下してしまい、張りやツヤを失わせてしまいます。さらに過剰なダメージは肌荒れだけでなく、シワの原因にもなってしまう場合があります。

  • ニキビ

     

    日焼けすると、皮膚の角質を硬くしてしまい、背中などにニキビができやすくなります。さらに紫外線を浴びた皮膚表面の皮脂が酸化し、毛穴を詰まらせていましいます。毛穴が詰まるとコメド(角栓)ができてしまい、さらにニキビの原因となってしまうことがあります。

  • 日焼け対策5つの習慣

  • 1.日焼け止めはしっかりと
    日焼け止め化粧品はムラなくしっかり塗りましょう。次第に効果が落ちるので、2,3時間ごとに塗りなおすと効果が期待できます。
    2.サングラスを着用する
    日焼けで見落としがちなのは目の角膜です。肌のケアをしっかりしていても角膜が日焼けすることで脳からメラニン色素を作るように指令がでてしまいます。ただし、色が濃いと瞳孔が大きく開いてしまうため、薄めの色を選んでください。
    3.美白クリームを使う
    少しでも早く効果を期待したい場合は、美白クリームがオススメです。
    肌の角層の奥までしっかり美肌成分を浸透させ、肌荒れを防ぎながら透明感にあふれた輝く肌へと導く効果があります。
    4.柑橘系のジュースを控える
    レモンやオレンジ、グレープフルーツなどに含まれる”ソラレン”という物質が紫外線の感受性を高める性質があるといわれています。しかしビタミン類は多く摂取したいので夜などの紫外線を受けないときに飲むようにしたいです。
    5.生理前のケアは入念にする
    排卵後から生理までは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。
    黄体ホルモンも紫外線の感受性を高める性質がありますので、より入念なケアが必要になります。