【ドールセラピー】“赤ちゃん人形”が認知症の治療になる?

「ドールセラピー」って聞いたことありますか?

赤ちゃんそっくりの人形を使って、
認知症になった女性のお年寄りの心のケアをしようというもの。
子供を生み、育てた経験、喜びは、
病気になっても忘れてはいないそうです。
その“記憶”が治療に役立つとのこと。
一体、どんな方法なのでしょうか?

view1362

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ドールセラピー」って?

  •  

    高齢者が潜在的に持っている創造性や感性、感情を心おきなく表出できる対象『赤ちゃん人形』を提供し、赤ちゃんの抱き心地といった「感触」や語りかけるような目、表情といった「視覚」などを入り口として我が子に注いだ「感情」を蘇えらせ、失いかけていた「愛し世話をする対象」「生活の目的」を回復しようというものです。

    引用)http://www.youyou.or.jp/service/hp/5byou%20ninchisyou/sub3.htm

  • 経験した感情を蘇らせるんですね。

  • 人には最後まで壊れない機能が2つあるといわれます。それは“感触と感情”。そして、自分が最も幸せで自信に満ちていたころの感触と感情は、高齢になっても痴呆であっても忘れてはいないのです。多くの女性は自分の赤ちゃんを抱いたときに強い感動とともに幸福感を味わい、子育ての時期は最も自信と幸せに満ちていたといいます。「子宝」「子はかすがい」といった言葉が物語るように、今のお年寄りが子育てをしていた頃の赤ちゃんの存在感はさらに強かったと思われます。また多くの場合、出産の経験のない人や男性も本源的に赤ちゃんを「かわいい」と感じ、「いつくしむ心」を秘めておられます。
    出典 :有限会社ウェル・プラネット ホームページ - ドールセラピー
  • どんな「人形」が良い?

  •  

    ・人形選び…基本的にはその人が愛情を示す(笑顔を向ける)人形であればOK。
    ・人形選びの際の留意点
      ①外見→玩具的な人形はNG!本物の赤ちゃんに近い体形を!
      ②大きさと重さ→身長45~48㌢、体重1000~1300g。
      ③素材→布製で中に綿などの詰め物があるもの。プラスチックのものよりも!
      ④ファンクション→腕、脚は関節のように自由に動くもの。首はまだ座ってい   ないもののほうがよい!目は日本人の瞳に近い色、横にすると閉じるスリー   ピングアイのほうが安息感がある!

    引用)http://ameblo.jp/rintyuuhan/entry-11683184110.html


  • “話をする人形”“音声認識できる”ものについては、想像力を阻害したり、混乱を招く可能性も否定できないそうです。

  • 「実は以前、ドールセラピーっていうことで赤ちゃん人形を試したことがあったんです。でもあれはやはり、認知症の方向けなので、お元気な方にはあまり評判が良くなかったんです。でも今回は人形ではなく普通のぬいぐるみで、またこのなんとも言えないルックスと手触りのためか、男性のご利用者さんにも評判は上々でした。」
    出典 :ぬいぐるみドールセラピー|ほんやら堂
     

    赤ちゃんそっくりだと、リアル過ぎちゃうんでしょうか・・・やっぱり。

  • 「触る」「抱く」という行為には癒しの効果があると言われています。アニマルセラピーなどもこの効果を利用したセラピーのひとつです。ストレス社会と言われる現在、多くの高齢者もたくさんのストレスを感じています。孤独・病気・老化・先の見えない不安…、その他私たちにはわからないストレスもたくさんあるかもしれません。また高齢者施設に入所している人はなぜここにいなくてはいけないのかがわからず、日々不安を感じている人も少なくないと思います。そんなとき「触る」「抱く」という行為が簡単にでき、手軽に心への働きかけができるのがぬいぐるみなのです。ぬいぐるみというと子供のオモチャというイメージが強いのですが、私は高齢者ケアにもこのぬいぐるみはとても有効だと考えます。手軽で身近なぬいぐるみは、ペットや赤ちゃんのように相手を気遣う必要がありません。もちろんぬいぐるみなら何でも良いというわけではありません。手触り肌触り柔らかさ大きさ等、心地よさを感じられるものでなければ高い効果は得られないと思います。またぬいぐるみの表情も大切です。
    出典 :ぬいぐるみドールセラピー|ほんやら堂
     

    ぬいぐるみに“癒し”の効果が。

  • ドールセラピーでやってはいけないこと

     

    認知症患者さんも認知機能が低下しているだけであって馬鹿ではありません。当然プライドもあります。ドールセラピー用の人形を本当の赤ちゃんと思っている認知症患者さんもいるかもしれませんが、この赤ちゃんは人形だ、と認識している方がほとんどのようです。ですので、赤ちゃんの人形で遊んでいるなどと言ったりして、プライドを傷つけるようなことをしてはいけません。怒らせてしまうと心を閉ざしてしまいます。

    引用)http://ninchi-syo.com/t-doll.html

  • 周りの人達も、きちんと理解する必要があるんです。

  • ドールセラピーの効果

  • 最も多かったのは「人形を見つめる」(九十五件)行動。ほかに「服や靴下を着せる、脱がせる」(五十九件)という人形を擬人化した行動のほか「スタッフに話しかける」(五十五件)など他者との交流が促された例も目立った。「人形から視線をそらす」「抱こうとしない」などもあったが、割合は少なかった。

    三年前からドールセラピーを取り入れている大阪府守口市のグループホーム「はるか」では、徘徊していた人が落ち着いたり、寝付きが悪かった人が寝やすくなったりしたという。おむつを替えようとするなど人形を擬人化している場合は「世話をする役割ができ、生き生きする」という。
    出典 :認知症に効果のあるドールセラピーについて知ろう。
     

    “生き生きする”って言葉に、成果が表れていますね!

  • 呼吸する赤ちゃん人形の紹介 - YouTube

     

    これはすごい!ちょっとビックリしちゃう!