「何もしない」がスキンケア…【肌断食】

何もしないがスキンケア…そんなのあり?でもいつもすっぴん、特に何もしないのに、肌がつやつやしてる人、いますよね?肌本来が持つ力を最大にひきだすための肌断食!「何もしない」で効果アリ★

view811

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌断食とは

  •  

    メイクはもちろんスキンケア化粧品もすべてやめます。

  • 宇津木式肌断食

  • 宇津木式肌断食といわれるものは医師の宇津木龍一さんが提案した新しいスキンケア方法で、メイクはもちろんスキンケア化粧品もすべてやめます。(極力しない)
    肌を休ませるためとか、肌状態をリセットするためといった一時的なものではなく、未来英語やめるという点がポイントで宇津木式では水洗顔、クレンジング代わりに純せっけん、 ごくまれにワセリンを使う程度です。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 一般的な肌断食

  • 一般的に肌断食といわれているものはお肌を休ませたり、肌の状態をリセットする目的で数日間、メイクやスキンケア化粧品をやめるというものです。
    (中略)
    色々やり方があって、期間中は何も肌につけないという方法もあれば、薄いメイクはOKだとか、化粧水だけはOKという方法もあります。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  •  

    私たちが日ごろ使っている、化粧品。実はお肌を壊しているんです。

  • 化粧品が肌をダメにしている理由

  • 皮膚についた水は肌のバリア機能を壊す
    化粧水はただの水であり、肌に塗布しても蒸発するだけで潤い効果はない。そして蒸発する際に角質細胞を変形させてしまう。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 界面活性剤がセラミドなど細胞間脂質を破壊する
    化粧品に含まれている界面活性剤は肌のバリア機能の重要な成分である細胞間脂質を破壊してしまう。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 防腐剤が肌の常在菌を殺す
    化粧品の多くに含まれている防腐剤は肌の常在菌を殺してしまうためカビや雑菌が繁殖する肌環境をつくってしまう。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 肌をこすることで肌のバリア機能が削られる
    クレンジング、洗顔、タオル、コットンなど肌を擦ることメラノサイトを刺激してシミを作ってしまうほか肌のバリア機能も壊してしまう。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 肌を洗いすぎるとキメとうるおいがなくなる
    洗えば洗うほど皮脂やセラミドなどの保湿物質が洗い流れてしまい、キメやうるおいが保てなくなる。
    出典 :肌断食のやり方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  •  

    肌本来の持つ力を取り戻す!これが肌断食で、もっとも期待されることです。

  • 試した人の感想

  • いつもバッチリメイクをしていると肌の老化も激しいですし、過剰なスキンケアをしているとお肌の自然回復力が失われて肌荒れが悪化して、ますます厚塗りしないといけなくなる可能性もあります!!そういう悪循環から脱出する意味でも肌断食をたまにすると肌が元気になるので良いです!!!
  • 肌の調子がすこぶる良い。頬骨なんか光ってるし。熱で発汗したから?断食でデトックス?美肌パックの比じゃないでこれ。
  • @underfarm わたし最近かなりひらさわせんせの断食ついーとに影響うけてます・・・・・・・・・・・・。じっさいに肌の調子ふぁいい。
  • アトピーやアレルギーのある人は、あまりしないほうがいい?という意見もありますが。ナチュラルなすっぴん美人を目指して、「肌断食」いかがですか?