めまい、耳鳴り、難聴まで…。知っておきたい内耳炎の原因

耳は、外耳・中耳・内耳の三つに区分されています。内耳炎の原因を知っていますか。三半規管に影響が出ることから、めまい、耳鳴り、酷い場合には難聴といった症状を引き起こす内耳炎。中耳炎になりやすい方や、はしかやおたふくなどの感染症にかかった方は特に注意が必要です。

view56

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内耳炎とは

  • 内耳炎(ないじえん)とは、何らかの原因で内耳に発生した炎症のことである。内耳は、音を感知する部分であり、かつ、重力の向きと加速度を感知する部分であるために、内耳炎は、音の感知に影響を及ぼして難聴を生ずるだけではなく、平衡覚、回転覚にも影響を及ぼしてめまいなども生ずる。
    出典 :内耳炎 - Wikipedia
  • 内耳には、体のバランスをとるために不可欠な三半規管(さんはんきかん)などの前庭器官(ぜんていきかん)と、音の感覚器官である蝸牛(かぎゅう)があります。これら内耳の機能が、強い炎症で障害を受けて急激に低下するため、これらの症状が起こるのです。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  •  

    耳は、外耳・中耳・内耳と三つに区分されています。一番奥の内耳には三半規管があるため、めまいなどを引き起こしやすくなるのです。

  • 内耳炎の原因

  • 内耳炎は単独で発生する病気ではなく、中耳炎から発展して起こる病気です。慢性化した中耳炎は内耳と外部を遮断している鼓膜に穴を開ける鼓膜穿孔を、もしくは炎症によって組織が腫れて肉芽になる真珠腫性中耳炎への発展を引き起こします。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • ほとんどの内耳炎は慢性中耳炎からの移行によるものですが、おたふく風邪やはしかなどのウィルス感染によって発症する場合もあります。
    出典 :内耳炎 | 耳鳴り・めまい解消ガイド -耳鳴り、めまい、難聴の治療、解消法-
     

    内耳炎は中耳炎から引き起こされることが多いのですが、全ての内耳炎がこの原因だけというわけではありません。ウィルス性感染症の後遺症であることも多いのです。

  • 血行を介しての感染では、おたふくかぜ、インフルエンザ、はしか、耳ヘルペスなどの原因ウイルスが内耳炎の発症に関係します。
    出典 :内耳炎とは:耳と鼻の病気ナビ
     

    現在は予防注射によりはしかにかかる人が減っていますが、特にはしかから起こった内耳炎は非常に治りにくいので注意しましょう。

  • 稀に髄膜炎から発展して発症する場合もあります。髄膜炎とは、脳を保護している髄膜という膜に炎症が起こる病気のことで、インフルエンザ菌やヘルペスウィルスなどの細菌やウイルスが内耳に感染して起こります。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
  •  

    中耳炎や髄膜炎、その他感染症の後遺症などが原因である内耳炎ですが、中耳炎になったり、髄膜炎になった方の全てが内耳炎になるというわけではありません。

  • 内耳炎かも?と思ったら

  • 急性中耳炎では耳が痛くなります。それに引き続いてめまいや強い難聴が起こったら、すぐに専門医を受診してください。また、慢性中耳炎がある場合には長期にわたって放置せず、内耳に影響が出ないうちに専門医を受診してください。
    出典 :内耳炎 - QLife家庭の医学
     

    できるだけ早く、悪化してしまう前に受診しましょう。中耳炎で既にかかりつけがあるのなら、まずはそこで診てもらうのが良いでしょう。

  • 内耳炎は適切な治療を行えば数日で治ります。内耳炎が治まれば、めまいの症状はなくなりますが、聴覚の神経細胞は修復が難しく、高度の難聴が残ってしまうことがあります。慢性中耳炎の段階、最悪でも内耳炎の初期段階で治療をしてもらい、早期に治すことが重要です。
    出典 :内耳炎 | 耳鳴り・めまい解消ガイド -耳鳴り、めまい、難聴の治療、解消法-
  • 度重なる耳鳴りやめまいは、さまざまな病気を引き起こすことも。手遅れになると、耳が聞こえなくなることもあります。以前よりも頻繁に起こる、症状が重くなっているなど、異変を感じたら病院に行ってみましょう。
    出典 :身近な耳の病気 放っておくのは危険! こんな症状 ~ 健康美人を応援【ココミル】
  • 原因になっている中耳の炎症や髄膜炎と、それによって起きた内耳の炎症を治さなくてはなりません。急性の中耳の炎症や髄膜炎には抗生剤が使われますが、同時に内耳の機能低下にはビタミン剤や副腎皮質ステロイド薬などが併用されます。
    出典 :内耳炎 治療方法 - goo ヘルスケア
  •  

    めまいは一日じゅう続くわけではないこともありますが、何度か繰り返されるようであればすぐに受診しましょう。