うつ病の原因についてまとめ

うつ病の原因となる事柄について、まとめていきたいと思います。

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜうつ病になるのですか?

  • もともとの性格や考え方の傾向、環境(ストレスなど)に加え、体質・脳内にある物質の変化も関係しているといわれています。
    出典 :うつ病になる原因|うつ病、うつ状態|MSD
  • うつ病の原因

     

    うつ病がなぜ起こるのかという、その原因や発症メカニズムについては、まだはっきりしたことはわかっていません。しかし、これまでの研究から脳の中で感情をコントロールしている物質(神経伝達物質)のバランスが崩れてしまうことが原因のひとつだと考えられています。

  •  

    私たちの脳は、無数の神経細胞で構成されています。これらの神経細胞は、『神経伝達物質』という物質を介してさまざまな情報を伝え合い、複雑な働きを担っています。ところが、ストレスを抱えていたり、心身ともに疲れている状態が続いたりすると、この神経伝達物質の量や働きも十分ではなくなってきます。なかでも、意欲や気分を調整する「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が十分に機能しなくなると、感情をうまくコントロールできなくなって、うつ状態に陥ってしまうといわれています。

  • つまり、うつ病とは“精神的・肉体的疲労が続いていくうちに脳の中の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質の働きに異常を来してしまい、そのためにさまざまな症状が出現する病気”なのです。
    出典 :うつ病になる原因|うつ病、うつ状態|MSD
  • うつ病になる人とは?

  • 生きてくうえでさまざまな問題にぶつかれば、私たちは誰もがうつ病になる可能性を持っている。だが、どのくらいの確率でそうなるかは、その人の持つ自己評価によって変わってくる。
    出典 :鬱病(うつ病)の原因は自己評価の低さにある
  • ◆―自己評価が低いこと(特に低く安定している)

  • ・<自己評価の状態> 変化することがある。

  • ・<心理的な特徴> 自分を卑下したり、過剰で不適切な罪悪感を持つ。

  • ・<知能に対する影響> 客観的に測定できる。集中力と記憶力に障害が見られる。

  • うつ病は文字通り精神の病である。だが、自己評価が低いというのは性格の特徴にすぎない。これは大切なポイントである。
    出典 :鬱病(うつ病)の原因は自己評価の低さにある
  • ○過度のストレスがきっかけになることも

  • うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。
    出典 :うつ病の原因 | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり
  • うつ病になりやすいタイプ

  • うつ病になりやすいタイプとして、真面目で責任感が強く、人あたりもよく、周囲の評価も高い人が多いということがいわれています。
    出典 :うつ病の原因 | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり
  • うつ病のしくみ

  • うつ病の原因を調べる最近の研究では、脳内の神経細胞の情報伝達に異常が生じているということが報告されています。
    出典 :うつ病の原因 | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり