TV【モーニングバード】で紹介~危険!ドライマウスは命にかかわる?

12/2にTV「モーニングバード」で紹介された“ドライマウス”の危険性。
最悪、命にかかわるようこともあるそうです。

アナタのお口は大丈夫ですか?
「ドライマウス」の危険性、予防法などまとめてみました。

view473

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ドライマウス」ってどんな状態?

  • ドライマウスとは『口腔乾燥症』。唾液量の減少と質の異常をきたす病気で、口の中が乾燥して様々な不快症状を引き起こし、QOL(生活の質)を低下させます。推定患者数はドライアイで悩む人とほぼ同じ800万人といわれています。しかし、欧米の疫学調査によると人口の25%にあたる患者がいるという報告があるので、それからすると日本には3000万人のドライマウスに悩む人々がいることになります。
    出典 :本当は怖い「ドライマウス」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア
     

    そんなに沢山の人が悩んでるんですね~・・・ちょっと意外でした。

  •  





     「ドライマウスチェック」してみよう!

  • □ 気がつくと、口で呼吸している。
    □ 食べ物が飲み込みにくく、水が欠かせない。
    □ 歯磨きを欠かさないのに、虫歯になりやすい。
    □ 口臭がある。もしくは、口臭が気になる。
    □ 味覚が変わった気がする。
    □ 口の中がねばねばする。
    □ 舌がからまって、話しにくいことがある。
    □ お酒やビールなど、アルコールをよく飲む。
    □ 夜、のどが渇いて目が覚めることがある。
    □ 忙しくて、リラックスする余裕がない。

    出典 :乾燥するのは肌だけじゃない!現代病「ドライマウス」に要注意 - 4 - MSNライフスタイル
     

    どうですすか?アナタ・・・ドライマウスじゃありませんか?

  • 当てはまった数が2個以下の人は… ドライマウス危険度<低>
    今のところ問題なし。

    3~4個当てはまった人は… ドライマウス危険度<中>
    ドライマウスの可能性あり。一時的なものか、慢性的か経過を見極めよう。

    5個以上当てはまった人は… ドライマウス危険度<高>
    ドライマウスの可能性大。日常生活に支障をきたしているなら、早めに歯科に相談を。
    出典 :乾燥するのは肌だけじゃない!現代病「ドライマウス」に要注意 - 4 - MSNライフスタイル
  •  




     でも、ただ口が乾燥してるだけじゃない。
     気にしすぎだと思うけど。

  • 「たかが口の乾燥じゃないの」と思っていると・・・・怖いことになります。「たかが」ですまない怖い病気のサインになっているケースもあるからです。ドライマウスの検査から糖尿病やシェーグレン症候群(口腔や眼球の乾燥症状を特徴とする自己免疫性疾患)が発見されるなど、病気の症状としてのドライマウスが現れてきます。また、高齢者の場合は、食べ物をスムーズに飲み込めなくなり、気道に誤って食べ物が入って誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こして亡くなることも珍しくありません。何といっても、75歳以上の高齢者の死因の第1位はこの誤嚥性肺炎です。
    出典 :本当は怖い「ドライマウス」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア
     

    他の病気が原因で「ドライマウス」になってる可能性もあるんですね。誤嚥は最近良くニュースになるし、怖いです。

  • 「唾液」の働きをしっかり把握しましょう!

  • 1.化学的消化作用:「唾液アミラーゼ」の働きによって、デンプンを分解します。
    2.そしゃくや飲み込みの補助作用をします。
    3.円滑作用:口の中を湿らせ発音をスムーズにします。
    4.溶媒作用:食べ物を溶解し、舌で味覚を感じさせます。
    5.洗浄作用:食べ物のカスや、細菌を洗い流します。
    6.抗菌作用:リゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェリンが、病原微生物に抵抗します。
    7.pH緩衝作用:急激なpHの変化を防ぎます。
    8.歯にカルシウムや、リンなどのミネラル分を補給します。
    出典 :唾液(だえき)の働き|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    口の中を“正常”に保つためなのはもちろん、それ以外にも多くの役目があるのです!傷口をペロペロするのも意味があったんですね!

  • 唾液ってどこから出てるの?

     

    大唾液腺・・・耳下腺、顎下腺、舌下腺
    小唾液腺・・・口唇腺、頬腺、舌腺、口蓋腺

    口の中は、全て唾液腺に覆われています。大唾液腺は、物を食べる時や話をするときによく分泌されます。一日に1.5リットルも分泌されていると聞いてびっくりしませんか?

    引用)http://www.etc-karada.com/kenryou/report/2011_tajima001.html

  • 唾液を出すには、自律神経が深く関わっています。

    自律神経には2種類の神経があります。1つは、交感神経で主に活動する神経。もう1つは、副交感神経で休む神経。この2つの神経がバランスよく働く事により日中活動でき夜に休む事ができリズムのいい生活が送れるのです。では、唾液腺・唾液は2つの神経の働きの時にはどのような変化が出るでしょう。

    •交感神経優位の時にも唾液は少量だけ分泌されますが、その質は濃く粘り気の強い唾液になります。
    •副交感神経優位の時も唾液の分泌は促進されますが、この時の唾液の質は薄く粘り気は少なく量も大量です。
    出典 :2011年レポート ドライマウスの症状と自律神経失調症の関係:うつ病・自律神経失調症の整体院 健療施術院
     

    唾液にも種類があるんですね。バランス良く分泌されないことがドライマウスの原因ってことみたい。

  • 日頃からきちんと「唾液」を出すために!