自然免疫の力を利用した「がん治療」【ナチュラルキラー細胞】とは?

自分の免疫力の力を有効活用したがんの治療方法に使われている
ナチュラルキラー細胞は、どのようにがんに使うのでしょうか
まとめてみました

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ナチュラルキラー細胞とは

  • ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、1970年代Herbermanグループにより発見されました。初期の生態防御機構において重要な役割を果たしており、抗原の感作なしに腫瘍細胞、ウィルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すことが知られています。今日、科学的理論、根拠に裏付けられた研究の基で、対外で高活性、高純度の人NK細胞の大量増殖、培養する方法が確立されました。これにより誘導した、NK細胞(一部細胞傷害性T細胞を含む)で、癌を治療する基礎研究、臨床医学応用による癌の免疫治療を行っています
    出典 :NK細胞療法:乾がん免疫クリニック:がん免疫療法・大阪【乾がん免疫クリニック】
     

    免疫治療に使われるのがNK細胞ですね

  • 免疫の反応は二種類ある

  • 「自然免疫」は、生まれながらに生体に備わっている防御機構である。自然免疫を担う免疫細胞は、誰に教えられることなく、細菌やウイルス、がん細胞など、人体にとって危険な相手の正体を知り抜いていて、これらを標的として感知するセンサーのようなものを持っている。そのため、標的に初めて出会っても、その場で直ちに認識・攻撃することができる。
    出典 :がん攻撃の主役を担う“NK細胞”|日経ビジネスOnline Special
     

    こちらが自然免疫

  • 「獲得免疫」は、生まれた後に病原体などと接触することで後天的に獲得する防御機構をいう。自然免疫が危険を感知し、獲得免疫に動員を促すことで初めて準備を整える。そして次に同じ病原体が感染すると、より迅速に出動できる。
    出典 :がん攻撃の主役を担う“NK細胞”|日経ビジネスOnline Special
  • 自然免疫の活性化機構の発見と「樹状細胞」という自然免疫系の細胞が、生まれながらに持つセンサーを駆使して細菌特有の物質を認識し、必要に応じて獲得免疫系のT細胞やB細胞にも動員をかけるという一連の免疫応答システムについての研究だ。このように樹状細胞は、感染防御の司令塔的役割を果たすことが知られている。
    出典 :がん攻撃の主役を担う“NK細胞”|日経ビジネスOnline Special
     

    これが後のナチュラルキラー細胞と言われるものです

  • NK細胞が司令塔

  •  

    がん細胞は不安定で、頻繁に性質を変えるという特徴があるが、特定のがん細胞しか認識できないCTLは、こうした変化に追随することが難しい。一方、多種多様なセンサーを備えるNK細胞は、がん細胞が変化しても対応が可能だ。このようにNK細胞はがん攻撃部隊の司令塔でもあり、主力でもあるのだ。

  • (1)直接、体内のがん細胞を傷害します。
    (2)体内で、免疫刺激系のサイトカイン類を多種大量に放出します。
    そして、体内に沢山いる活性が低下しているNK細胞の活性化を促します。
    (3)活性化したNK細胞に誘導され、CTLというT細胞の一種も活性化し、がん細胞への攻撃に加わります。
    出典 :がん免疫療法|NK細胞によるがん治療(癌治療)|ANK免疫細胞療法
     

    NK細胞はこのように働きます

  • この機能を使ったがんの治療法がANK治療

  • ANK(Amplified Natural Killer)療法は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法と呼ばれる、がん治療の一種です。乳がん、前立腺がん、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がん、腎がん、膵がん、肝がんなど、固形がんをはじめ、肉腫、ATL(成人T細胞白血病)などの白血病、あるいは悪性リンパ腫など、一般に「がん」と称される全てが治療対象となります。まず、患者様の血液から、リンパ球を採りだし、その中に含まれる、がん細胞を傷害する能力が圧倒的に高いナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化しながら、同時にNK細胞だけを選択的に増殖させ、体内に戻します。
    出典 :がん免疫療法|NK細胞によるがん治療(癌治療)|ANK免疫細胞療法
     

    このような療法が確立されました

  • 患者さんから血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術で刺激、活性化し、約2週間無菌状態で、数億~数10億個のNK細胞(一部細胞傷害性T細胞も含まれています)を増殖させ、生理食塩水に溶かし、再び静脈から患者体内に戻すという免疫治療を行っています。1回に投与する量は患者さんの状況により異なりますが、数億~数10億個のNK細胞数(T細胞を含む)で、通常健康な人が持っているNK細胞の数倍量です(一人の体内を循環する血液量は約4~5リットルでNK細胞量は約2億個とした場合です)。
    出典 :NK細胞療法:乾がん免疫クリニック:がん免疫療法・大阪【乾がん免疫クリニック】
  • 治療期間

     

    治療は患者さんの症状により異なりますが、基本的に3ヶ月で6回の投与治療が1クールになります。
    ※NK細胞による免疫治療法は、保険外診療となります。

  • この点はしっかり押さえてNK細胞を守る!

  • ①喫煙をひかえる
    ②適度の飲酒を心がける
    ③質の良い睡眠をとる
    ④ムリのない適度な運動(歩く)をする
    ⑤笑う
    出典 :ナチュラルキラー細胞(NK細胞) とは何か?
     

    ここまでは出来る事ですね

  • ⑥充分な休養などでストレスをためない
    ⑦体温を下げない
    ⑧薬・抗生物質を乱用しない
    ⑨バランスの良い食事を心がける
    ⑩ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を高める健康補助食品を利用する
    出典 :ナチュラルキラー細胞(NK細胞) とは何か?
     

    ここまで出来ればばっちりです
    しっかり、がんになったときの知識として覚えておきましょう