早目に対処が大事!花粉症予防にいい薬

だんだん花粉症が辛くなってくる時期になりました。花粉症予防にいい薬がほしいですね。どんなものがあるのでしょう?          
                                                                                    

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症って?

  • 吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏すいせいびろう、鼻閉びへいを3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。症状の好発時期により通年性と季節性に分けられます。
    出典 :花粉症、鼻アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
  • 季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

     

    原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
    主なアレルゲン
    スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

  • 花粉症の症状

  • 花粉症でみられるさまざまな症状

     

    花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが3大症状として知られています。しかし、人によってはこれに伴って、目の症状やのどの症状、全身倦怠感などをはじめ、さまざまな症状がみられることもあります。

  • 花粉症の原因は?

  • 花粉症の症状が出るのは?

     

    私たちの体では、花粉が体の内に侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE 抗体というものが作られ、そのIgE 抗体は肥満細胞の表面に付着します。再び侵入してきた花粉がIgE 抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのです。

  • 花粉症の予防

  • 外出時の対策

     

    外出時は花粉との接触をできるだけ避けるために、マスクやメガネを着用し、服装も表面がスベスベした素材の上着を着ることをお勧めします。また、テレビや新聞などの花粉飛散情報のチェックも毎日の行動の参考に役立ちます。

  • 家の中での対策

     

    花粉症のシーズンは、帰宅したら花粉をよくはらい落とすようにし、家の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。それでも入ってきてしまった花粉は、こまめに掃除をして除去することも大切です。

  • •マスク •うがい •洗顔 •洋服の服地 
    •めがね •屋内花粉が室内に侵入するのを防ぐ
    出典 :花粉症に備えよう
  • 初期療法で薬を飲んで予防しよう!

  • 花粉症に処方される主な飲み薬は、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、ステロイド薬、それと漢方薬などです。このうち処方頻度が多いのは抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬の部類です。次々と新薬が開発され、種類もたいへん多くなっています。それぞれ多少性質が異なるので、処方にさいしては効果の発現時間や鼻づまりに対する効力、眠気の副作用などが考慮されます。
    出典 :病気別の薬フォルダー
  • あなたの症状も初期療法で軽くしましょう

     

    花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

  • 治療薬

  • 花粉症の治療: 抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド

     

    抗ヒスタミン薬は鼻粘膜のヒスタミン放出を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を改善します。1日1-2回の抗ヒスタミン薬の服用で、花粉症の症状を抑えることができます。花粉の飛散開始日の2週前から薬を服用すると予防に効果的です。

  • 第二世代と呼ばれる抗ヒスタミン薬には、作用持続時間も長く、抗アレルギー作用を有するものもありますので、継続して服用することで症状が大幅に軽減されます。
    出典 :医師が教える「花粉症の薬、ここが知りたい!」|花粉症対策 healthクリック
  • 第2世代 抗ヒスタミン薬
    ※ザジテン、セルテクト、アゼプチン、ゼスラン、アレジオン、エバステル、ジルテック、ザイザル、アレグラ、アレロック、クラリチン
    ヒスタミンにまとを絞りより選択的に作用するのが第2世代抗ヒスタミン薬です。
    出典 :病気別の薬フォルダー
     



  • 花粉症の症状がひどい場合、アレルギー症状を軽くする予防薬を活用する

     

    想定される花粉の飛散日の2週間前から、抗アレルギー薬を服用する方法があります。眠くなりにくい鼻炎薬を活用しましょう。
    花粉症の対策と治療を行っている診療科は、病院・診療所の内科、小児科、耳鼻咽喉科(耳鼻科)、アレルギー科です。
    最寄の病院、かかりつけ医に対策をご相談すると良いでしょう。