妊娠したら手・足の爪にトラブルが!妊娠中の爪のケアについて

妊娠したら爪がぼろぼろ、巻き爪になったなど、爪にも変化が現れる方も多い様です。
妊娠中の爪のケアについてまとめました。

view2374

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の爪の変化について

  • 妊娠中はホルモンのバランスや、赤ちゃんに栄養を与えるため身体のコンディションが妊娠前に比べると変化しています。
    ホルモンのバランスはしょうがないにしても、栄養に関しては改善する事で爪の割れを防ぐ事ができます。
    出典 :妊娠したら、爪が割れやすくなった
  • 健康な爪に必要な栄養素とは?

  • ●たんぱく質…爪の主成分●ビタミンE…血行を良くし、つやのある爪をつくる●ビタミンB群、カルシウム…丈夫な爪をつくる●ビタミンD…カルシウムの吸収を高める●亜鉛…不足すると爪がもろくなり、白い斑点ができる●鉄分…不足すると爪が反り返る
    出典 :::: poroco mix | 女性のための栄養学 :::
  • 必要な栄養素が含まれる食品参考

  • たんぱく質ですが、魚類・肉類・卵・大豆製品●ビタミンE…たらこ、アーモンド、植物油、南瓜●ビタミンB群…レバー、豚肉、大豆製品、うなぎ●カルシウム…牛乳、乳製品、大豆製品、小松菜、ひじき、ししゃも●ビタミンD…魚類●亜鉛…かき貝、ホタテ、肉類、卵●鉄分…レバー、あさり、大豆製品、小松菜、きくらげ
    出典 :::: poroco mix | 女性のための栄養学 :::
  • 保湿も忘れずに!

  •  

    爪甲や後爪郭、爪甲の両側面を指の腹でやさしくマッサージすることで血行を促し爪の成長を促進します。やわらかい爪半月の部分を強く押してしまうと爪を傷めるので、爪半月はさわらないで。仕上げにハンドクリームなどで爪に油分を補ってあげると、柔軟性を取り戻せます。

  • 妊娠後期に足爪が巻き爪に!

  • 原因は?

  • お腹が大きくなり、かがむことがツラク足の爪を上手く切れない。靴紐を結ぶのが大変になり、固定しないで靴を履く。または、サンダル履きが増える。体重増加によって、身体のバランスが急激に変わり姿勢や歩き方が変わる。浮腫のため、今までの靴が小さくなり足爪に当たる。
    出典 :妊婦は巻き爪になりやすい? | 高齢者足のケア・介護予防セラピスト中西薫
  • 対策は?

  • 面倒でも深爪には決してしないでください。少しずつ、指と同じ長さに控えめに切って整えて下さい。運動不足になるからと、歩くときは必ずスニーカーのような歩きやすい靴で靴紐もしっかり結んで足を固定して下さい。きちんとした歩き方の方が、巻き爪に限らずトラブルが出ません。
    出典 :妊婦は巻き爪になりやすい? | 高齢者足のケア・介護予防セラピスト中西薫
  • 正しい爪の切り方

  •  

    指の形に沿った形で左右対称に揃えるのが良い形です。
    陥入爪の場合、痛むなどの理由でくい込んでいる部分を切りとりがちですが、切りとることで爪がさらに変形するという 悪循環となります。指の先端と同じくらいの長さにそろえましょう。

  • 巻き爪が化膿したら病院へ!

  • 爪が皮膚に食い込んでいると化膿することがあるので早めに処置を施さなければならないのです。
    医師の診察が必要不可欠なので、まずは病院へ足を運んで化膿した巻き爪を治すために、どのような措置を取れば良いのか訪ねるべきです。
    出典 :化膿した巻き爪と妊婦