早期発見・治療で大腸ガンも怖くない

大腸ガンは大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するガンである。日本人の場合、S状結腸と直腸ががんのできやすいところだといわれている。大腸がんの発見には、便潜血検査(便に血液が混じっているかどうかを検査)の有効性が確立しており、検診などで早期発見が可能。内視鏡手術などで治療することができる。

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加