知らない間に骨が…!骨がもろくなる骨粗鬆症と骨粗鬆症予防

知らない間に骨折している事も!そうなる前に骨粗鬆症予防をしましょう!
                                                                                                                   

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨粗鬆症とは?

  • 骨粗しょう症

     

    骨の強さ(骨強度)が低下して骨折しやすくなる病気。骨の強さのほぼ70%は密度(骨密度)で決まり、残りの30%は質(骨質)で決まると考えられています。骨粗しょう症の割合は年齢とともに増加しますが、特に60歳代後半から多くなり、80歳代では女性のほぼ半数、男性の2~3割と推定されています。女性が男性の約3倍多いのが特徴です。

  • 骨粗鬆症は骨が構造的にもろくなって、骨折しやすくなる病気です。

     

    背骨がもろくなると、背骨が体の重みでつぶれたり、変形する圧迫骨折がおこりやすくなり、背中が曲がったり、姿勢が悪くなったりします。その結果、日常生活に支障をきたすことにつながります。
    姿勢が悪くなると、内臓への悪い影響(胸やけなど)が出ることがあります。

  • 骨粗鬆症で骨折しやすい部位 -親指などの付け根の痛み-

     

    図は骨粗鬆症の方が骨折し易い部位を表したものです。 ここでは3ヶ所が記されていますが、実際にはもう1ヶ所、肩の骨折があります。 この中で寝たきりの原因になるのは主に股の部分の骨折です。 大腿の骨、これは大腿骨といわれ人体の中でもっとも大きな骨であります。 若いころは相当ひどい怪我をしないと折れない骨です。

  • 原因は?

  • 骨粗鬆症の原因

     

    年齢や性別、遺伝的な体質など、変えることのできない要素があります。

  • 骨を形成するカルシウムやマグネシウムの不足や、カルシウムの吸収に必要なビタミンDなどのビタミンがバランスよくとれていないことが挙げられます。適度な運動によって骨に一定以上の負荷をかけないと骨形成におけるカルシウムの利用効率が悪くなるため、運動不足も骨粗鬆症の要因となります。
    出典 :食生活のリスク-栄養・食生活-"骨粗鬆症"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 骨は変化しないように見えますが、実は生きた細胞に支えられています。丈夫な骨を保つために、骨の内部では常に古くなった骨の一部を壊して新しい骨につくり替えています。これを骨代謝といい、何らかの原因で骨代謝のバランスが崩れ、新しい骨をつくるスピードより古い骨を破壊するスピードが上回ると骨の内部がスカスカになってしまいます。
    出典 :骨粗鬆症とは/医療情報 病院検索-マイクリニック
  • 女性は閉経後、骨代謝を調節していた女性ホルモンが分泌されなくなることにより骨量が減ってしまいます。男性でも加齢と共にカルシウムの吸収が低下するため、70歳を過ぎると骨粗鬆症になる人の割合が高くなります。若い人でも栄養の偏りや運動不足、ステロイドなどの薬の影響により骨粗鬆症になることもあります。
    出典 :骨粗鬆症とは/医療情報 病院検索-マイクリニック
  • 骨粗鬆症の予防方法

  • 運動

     

    運動をして骨に力が加わることで、骨は強くなります。ウォーキングなどの適度な運動をしましょう。

  • 運動療法にも、骨量減少を予防する効果があります。特に中等度の運動の中でもウォーキングやランニングは効果的。日常生活の中で、エレベーターではなく、なるべく階段を使うなど、できるところから活動を増やしていくだけでも意味があります。
    出典 :骨粗しょう症の予防法・治療法 [生活習慣病] All About
  • 若いころに運動をしなかった人は、年齢が高くなると骨が弱くなり、骨折しやすいことが知られている。若い頃から30分の運動を週に3~4回行うことを習慣にすると、骨粗鬆症を防げる。有酸素運動に筋力トレーニングを取り入れると、いっそう効果的だ。年齢とともに筋力トレーニングはますます重要になる。
    出典 :50歳になったら骨粗鬆症に注意 予防のための6つの法則 | 栄養 | 保健指導リソースガイド
  • 骨を丈夫にするための運動法

     

    ストレッチングや腹筋や背筋、腕や足、腰の筋肉を鍛える運動も併せて行うと効果的です。

  • 骨粗鬆症を予防する食事法

     

    骨を作る材料であるカルシウムを、食事で十分に摂取することが大切です。日本人に必要なカルシウム量は成人で1日700ミリグラムとされていますが、これは最低限必要な量に過ぎません。カルシウムの吸収率が落ちる高齢者や閉経後の女性、妊娠中や授乳期の女性などは1000ミリグラムは摂るように心掛けましょう。 また、マグネシウムは骨と骨をつなぐ軟骨に多く含まれており、不足すると骨の形成にダメージを与えます。マグネシウムは1日に300ミリグラムを目安に摂りましょう。

  • バランスの良い食事
    カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をとることが大切。カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄野菜、海草などに多く含まれる。毎日の食事で、カルシウム200mg(牛乳1本分)を摂取することを心がける。
    出典 :50歳になったら骨粗鬆症に注意 予防のための6つの法則 | 栄養 | 保健指導リソースガイド
  • カルシウムの多い食品…乳製品・小松菜・大豆製品・小魚・干しエビなど
    ビタミンDの多い食品…きくらげ・サケ・ウナギ・秋刀魚・メカジキなど
    ビタミンKの多い食品…卵・納豆・ホウレン草・小松菜・ブロッコリーなど
    出典 :骨粗しょう症の予防法・治療法 [生活習慣病] All About
  • 日光浴

     

    カルシウムの吸収に必要なビタミンDは、人の皮膚が日光を浴びることでつくられます。屋外に出て、日光に当たるようにしましょう。夏なら木陰で30分、冬なら顔や手に1時間程度の日光浴で十分です。

  • ビタミンDは食品として摂取する他に、日光浴することによって体内で合成することができます 。
    出典 :骨粗鬆症とは
  • 次に日光です。 理由は皮下にあるビタミンD3の元が活性化するからです。 どの位陽に当たれば良いのかといいますと、3時間陽に当てれば必要な量のビタミンD3ができるといいます。
    ですから幅を見て顔や手を出した状態で夏は木陰で30分、冬は1時間外に出ていれば充分と言われています
    出典 :骨粗鬆症の問題点と予防(運動、日光、カルシウム)|岩井整形外科内科病院