【重い副作用】子宮頸がんワクチンの副作用【歩行困難も】

子宮頸がんは20代から患者数が急増するため、ウィルスに感染する可能性の低い10代のうちにワクチンを接種し、子宮頸がんの発症を効果的に予防する。そのためのワクチンに重い副作用が出る症例が出ています。

view322

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 相次いでいる「子宮頸がんワクチンの副作用」に関するニュース

  • 問題となっているのは子宮頸がんワクチン「サーバリックス」

     



  • 子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因の50~70%を占めるとされるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するものです。
    出典 :子宮頸がんワクチン 副作用どうみる? 接種どうする? | THE PAGE(ザ・ページ)
  • 子宮頸がんワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があるようですが...

  • 予防接種は10歳以上(セクシャルデビュー前)の女性が対象で、3回接種します。
    どのワクチンを接種するのかは保護者にゆだねられており、
    子宮頸がんのみ予防できればいい場合は、サーバリックスを選択される方が多いです。
    (医療機関によって選択できないところもあるようです。)
    出典 :子宮頸がんワクチン「サーバリックス」副作用の真実 | TREND STYLE
  • そのサーバリックスを接種した女児に重篤な副作用が発生している

  • その副作用とは?

  • 軽い場合の症状

     

    手足のしびれや頭痛など

  • 重い場合の症状

     

    「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もある

  • そのほかにも

  • 【厚生労働省が発表したサーバリックスによる副作用】

     

    ・失神や意識がはっきりしなくなった 812人
    ・転倒して歯や鼻の骨折 51人

  • 現在は厚労省は接種を勧めていないようです

  • ワクチンは現在2種類あり、2009年12月と2011年8月から日本で発売されています。いずれも海外に数年遅れての承認であり、日本での発売開始時にはすでに100か国以上で用いられていました。当初は「任意接種」扱いで3回分の費用約6万円は自己負担でしたが、2013年4月1日から法律で定められた「定期接種」となり、対象者は公費の補助を受けられるようになりました。

     ところがそのわずか2か月後の6月14日に厚生労働省が、接種を勧めることは一時的に差し控えるようにと市町村に通達。この理由を、「接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応症例等について十分に情報提供できない状況にある」からとし、専門家による調査・検討が進められてきました。9月には、ワクチン接種後に慢性の痛みやしびれを訴えるようになった患者を専門的に治療できる病院が公表されています。

     また、定期接種から除外はしていないので、希望者はこれまでどおり公費で受けることができます。万が一、健康被害を負った場合には、予防接種法に基づいて任意接種より手厚い補償を受けることもできます。
    出典 :子宮頸がんワクチン 副作用どうみる? 接種どうする? | THE PAGE(ザ・ページ)
  • 被害にあわれた方のブログです。現在進行中で厚生省の対応を求めていらっしゃいます。