摂食障害と妊娠、結婚生活

摂食障害を患っている状態で結婚、妊娠するとどうなるのでしょうか?
結婚生活の幸せな気持ちから病状が改善されることも?
しかし実際は多くのストレスを抱えることで悪影響のほうが多いようです
とくに摂食障害と妊娠状態は注意が必要です

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 摂食障害での妊娠と出産

  • 「結婚して誰かと一緒に住めば過食しないで済むかも」「妊娠・出産をすれば摂食障害が治るんじゃないか」そんな風に思ったことはありませんか?結婚や妊娠・出産をきっかけに、過食症状が止まったり軽減する人は稀に居ますが、それはあくまで一時的な現象であり、病気自体が良くなっているわけではありません。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
  • 結婚や妊娠という非日常な出来事によって症状が"びっくり停止"しているだけという可能性が高く、いずれリバウンドのように再発します。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    再発の可能性はきわめて高いと考えるべきです

  • 過食症を抱えながら妊娠した人の大半は、症状が悪化しています。
    辛い経験をする前に、妊娠・出産における摂食障害の危険性を知っておきましょう。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    知識を身に付けることで少しでもリスクを軽減できるかもしれません

  • 摂食障害と結婚生活

  • 摂食障害がありながらの結婚生活

     

    過食症状など、摂食障害の症状をもちながら結婚するとどうなるでしょう。
    「誰かと一緒に住んで同じように食事をすれば過食や過食嘔吐は止まるかもしれない」と思うかもしれませんね。

    しかし摂食障害の人にとって結婚するということは負担が増え、ストレスも増えるということなのです。

  • 一時的に症状が"びっくり停止"したとしても、結婚生活に慣れてくるといずれ症状はもどってきます。
    一緒に住む人が居ることで自由に過食できる時間が無くなるストレスなどによって、症状が増えることもあります。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
  • 過食できないイライラやストレスで旦那さんに当たってしまい、夫婦関係がうまくいかなくなり、更にストレスが増える・・・悪循環になってしまいます。
    症状がありながら、毎日の料理や洗濯、掃除、親戚付き合い、ご近所付き合いをするのはとても大変なことです。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    結婚生活は結果的にストレスをためることになるのです

  • 摂食障害と妊娠出産

  • 摂食障害者の 90% を占める女性。
    その中でも特に若い女性の発症率が高いので、まさにこの摂食障害と闘っているさなかという時に「 妊娠・出産 」の機会とも対面するケースがしばしば見られます。
    出典 :摂食障害と妊娠出産 >> 摂食障害の森
  • 食障害を患っている最中の妊娠・出産は、気を付けなければならないことがとても沢山。
    摂食障害特有の症状である、 不食・過食行為、嘔吐、下剤乱用、過剰な運動etc.…これらすべてが、胎児の成長に悪影響をあたえるようなもののオンパレードと言えます。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    摂食障害者の妊娠は胎児にも大きな影響を与えます

  • 流産・低体重出産・胎児の骨密度低下・妊娠合併症・出産後うつ病―
    これらの症状が起こる可能性も、やはり通常より高めになっています。
    出典 :摂食障害と妊娠出産 >> 摂食障害の森
     

    可能であるなら、摂食障害の治療をきちんとして、病状が安定してから妊娠・出産に望むことが一番です。

  • 食べることに罪悪感

  • 拒食症で食べることができなかった人が無茶食いをしたり、コソコソと短期間に沢山食べることで過食症に移行するケースがあります。けして珍しいことではありません。
    出典 :摂食障害と妊娠
  • 食べることに罪悪感

     

    ・食べた後に後悔。
    ・食べたい気持ちが強い。
    ・ストレスのはけ口に食べてしまう。

  • ストレスがかなり溜まるので、顔の筋肉がピクピク痙攣することもあります。イライラして人と接したくなくなったり、うつ病を併発する恐れもあります。
    出典 :摂食障害と妊娠
  • 過食症は食べてばかりで自制心がないと勘違いされやすい症状です。でも、よく考えると自制心が強いからこそストレスが溜まってしまうのです。
    出典 :摂食障害と妊娠
  • 過食も拒食も、自分に向き合うからこそ起こる症状です。焦るともっとプレッシャーがのしかかります。無理せず、期間を決めずに向き合ってください。