どうやって治す?「リウマチ性多発筋痛症の治療」についてのまとめ!

リウマチ性多発筋痛症の治療はどのようにして行えばよいの?治療方法を集めてみました。

view334

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リウマチ性多発筋痛症の定義とは

  • リウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rheumatica :PMRと略されます)は、他に原因のない肩、腰周囲の筋肉痛を起こす病気で、血液でCRP高値、血沈亢進などの炎症反応を認めるのが特徴です。しかし、これといった決め手になる検査がないため、診断は、関節リウマチなどの他の膠原病や感染症などを否定しながら総合的に行われます。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
     

    このような定義があるのですね。

  • 真の原因はわかっていませんが、20%前後の患者さんには側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)(巨細胞性(きょさいぼうせい)動脈炎)という膠原病(こうげんびょう)疾患を合併することが知られています。しかし、欧米に比べて日本では側頭動脈炎を合併する頻度は少ないので、この病気の全体としての性質も人種などによって若干違うようです。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
     

    原因はこのようなものなのですね。

  • また、こうした合併症の存在から、リウマチ性多発筋痛症や膠原病疾患には共通する原因があるのかもしれません。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
     

    ここも怖い部分と言えるのです。

  • リウマチ多発筋痛症

     

    前兆になるような感染症は特に知られていないのです。赤く記された部分から筋肉のこわばりから始まり2週間以上続くのが特徴と言われていますのです。筋肉の症状以外にも発熱などが見られる場合になるのです。

  • 特徴となる症状や検査所見などを組み合わせた診断基準が診断の助けになります。いくつかの診断基準が提唱されていますが、いずれも高齢者であることが第一条件です。しかし、高齢者の定義については、50歳以上とするものから70歳以上までまちまちですが、60歳以上とするのが一般的です。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    一般的な特徴と定義ですね。

  • リウマチ性多発筋痛症の治療は

  • リウマチ性多発筋痛症には、ステロイド薬がとてもよく効きます。しかも、比較的少量で劇的な効果が期待されます。しかし簡単に減量したり中止してしまうと、再び病気が悪くなりますので、必ず医師の指示通りの服用をすることが大切です。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
     

    ステロイド薬が良く使われるのです。

  • 治療開始後1〜2週間以内に改善し始める例も多く、改善がみられたら、少しずつ減量します。一定の減量が得られたあとも、1年以上のステロイド治療が必要な例が多く、副作用である骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の対策が必須になります。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
     

    副作用にも女性は特に注意しておきたいですね。

  • 一般に予後は悪くない病気ですが、実はステロイド療法がどの程度長期予後を改善するかについては十分な臨床成績はありません。また、十分に有効性が確認された他の治療法はありませんが、ステロイド療法の効きめが悪い症例では、時に関節リウマチに使われるメトトレキサートのような免疫抑制薬が使われることがあります。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
  • 副作用にも注意が必要

  • 再発しやすく、ステロイドの服用は長期的になる。高齢者は骨粗鬆(こつそしょう)症や糖尿病といった副作用が出ることがある。森医師は血糖や血圧の検査、骨粗鬆症治療薬の併用を勧めている
    出典 :リウマチ性多発筋痛症の診断とステロイドの副作用まとめ(原因不明の痛み) - NAVER まとめ
  • 疾病の治療を目的として投与された医薬品により、「薬剤惹起性うつ病」を発症する場合があります。インターフェロン製剤、副腎皮質ステロイド薬などの服用により起こることが知られています。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症の診断とステロイドの副作用まとめ(原因不明の痛み) - NAVER まとめ
  • 正しく診断されればコントロールが可能な病気なので、この病気が疑われたら、なるべく早くリウマチ専門医の診察を受けることが最も大切です。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
  • リウマチ性多発筋痛症

     

    ステロイドの反応が良ければ飲み始めてすぐに軽快します。しかし、再発の危険性や副作用に危険性ももっと詳しく医師にきちんとした説明を聞くのが良いでしょう。