女性なら知っておきたい「乳がん」のこと

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • よく知られたがんのひとつである「乳がん」ですが、女性なら誰しも一度は考えることがあるかもしれません。できることなら、「乳がん」にならずに人生を送りたいものですよね。

  • 乳がんとは

     
     

    大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれます。

  •  
     

    自分の乳房は常にチェックするようにしましょう。

  •  
     

    自分でも診て、お医者様にも診てもらいましょう。

  •  
     

    早期発見がカギ!

  •  
     

    やはり早期に見つけられれば高くなります!

  • 乳がんの「転移」とは一番始めに「がん」ができた臓器と異なる所の臓器に血液やリンパの流れなどに乗って「がん細胞」が運ばれそこで増殖する事です。

    乳がんの場合、「がん細胞」が比較的小さな時期から乳腺組織からこぼれ落ち、体内のリンパや血液の流れに乗って乳腺から離れた他の肺、肝臓、骨などの臓器に小さな「転移」を起こすと考えられています。

    これらの小さな転移巣が大きくなる事により様々な症状が出たり、検査で発見されます。これを「遠隔転移」と呼びます。

    これらの「遠隔転移」によるがんは、もともと肺から発生する「肺がん」とは異なり、そのがん細胞を調べるとその性質は乳がんです。

    そのため、乳がんが肺に転移し「肺がん」となった場合でも「乳がんの肺転移」と呼びます。このいった遠隔転移をした乳がんの総称として「転移性乳がん」と呼びます。

  •  
     

    男性にも乳がんがあるんですね。

  •  
     

    定期検診は、必ず受けるようにしましょう。

  • 最も大きなリスク要因は遺伝的なものです。とくに母親や姉妹に乳がんになった人がいる場合は、リスクは2倍になると言われています。

    また、乳がんは一般的に次のような人がなりやすいといわれています。
    ・初潮年齢が早かった方(11歳以下)
    ・出産経験のない、または初産年齢が遅い方(30歳以上)
    ・閉経年齢が遅かった方(55歳以上)

    これは、乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しているためです。エストロゲンは女性の体を作るための重要な働きをしているホルモンですが、分泌されている期間が長いほど、乳がんのリスクが高まるのです。妊娠・授乳期には分泌が止まるため、それだけリスクが減ることになります。閉経後はエストロゲンの分泌が止まりますが、別のホルモンが脂肪組織でエストロゲンに変わります。したがって、閉経後の肥満もリスクの一つです

  •  
     

    年々、日本人患者も増えているようです。

  •  
     

    お風呂では、毎日、触ってチェックするようにしましょう。

  • 乳がんになった場合、以下のような症状が見られることがあります。
    ・乳房、わきの下にしこりがある
    ・乳房にひきつれ、くぼみがある
    ・乳頭の異常(湿疹・ただれ・分泌物)がある
    ・乳房皮膚の異常(発疹・はれ・ただれ)がある
    しかし、ごく初期の段階では、しこりもわからないほど小さかったり、痛みや体調不良などの自覚症状もないことが多いのです。乳がんを放置しているとリンパ節や他の臓器に転移しやすいため、少しでも違和感を感じることがあったら医療機関で検査を受けることはもちろん、自覚症状がなくても定期的に検診を受けることが大切です

  • 乳がん検診とマンモグラフィ

     
     

    従来まで、日本の乳がん検診では、医師による視触診が中心でした。しかし、2004年に厚生労働省から、「マンモグラフィを原則とした乳がん検診」を推進するように提言が出されました。これを受けて、自治体の乳がん検診でも、マンモグラフィを導入した乳がん検診が普及しつつあります。

    40歳以降の方は、定期的にマンモグラフィを用いた乳がん検診で、より早期での発見が可能になってきています。

  •  
     

    エコー検査はマンモグラフィに比べて、痛さがありませんよ。

  •  
     

    がんの早期発見にも役立ちますから、是非マンモグラフィでの検査を受けましょう。