冷えが大敵!!冬こそ要注意!!膀胱炎に気をつけよう!!

冬になると膀胱炎を繰り返してしまう人って案外多いのでは???
冷えが膀胱炎の原因の可能性もあります!!

view1669

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも膀胱炎ってどんな病気なの????

  • 膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。
    出典 :膀胱炎の症状と治療ガイド
  • どんな症状が出るの???

  • こんな症状が出たら早めに受診しましょう!!

     

    膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」というものです。

  • 初期の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増えます。尿意を感じて1日10回以上もトイレに行くようになりますが、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ってしまいます。また、尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。

    これは、尿の貯蔵庫である膀胱が、細菌感染によって膀胱炎になってしまい膀胱の内側が敏感になっているために起こる痛みです。膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあるそうです。特に高齢者などは、違う症状で尿検査をしたら膀胱炎だった、ということもよくある話みたいです。膀胱炎が悪化してくると、残尿感がひどくなってしまいますので何度も何度もトイレに行くようになります。
    出典 :膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    気になる症状が出たら早めに受診しましょう!!
    早めの治療が大切です!!

  • なぜ女性に多いの???

  • 細菌のいる腟や肛門と尿道との距離が近いということなどが挙げられます。性交が膀胱炎の原因になることもあります。これは性交をした時の動きによって尿道が傷ついてしまうと、細菌が尿道を登ってしまい膀胱に侵入しやすくなるからです。妊娠した状態では膀胱を空にしにくくなりますので、妊婦は特に膀胱炎を起こしやすい状態になりますので注意が必要です。
    出典 :膀胱炎の症状と治療ガイド
  • ペッサリーの使用は要注意です!!

     

    避妊用のペッサリーを使えば膀胱炎を起こすリスクが高くなってしまいます。それはペッサリーに使われている殺精子薬により腟内に通常みられる細菌が抑制されてしまい、膀胱炎を起こす細菌の割合が増えるためだと考えられています。まれに、膀胱と腟の間に異常な通路(膀胱腟瘻)があった場合には、それが原因となり膀胱炎が繰り返して起こることがあります。

  • 冷えは膀胱炎にとって大敵???

  • 冷え性は、膀胱炎になる要因として考えられています。冷え性がある場合、体温が低く、血液の流れが悪いので、細胞の働きも鈍くなります。冷え性で、特に下半身が冷えてしまうと、膀胱や尿道など、排尿に関わる臓器や筋肉の働きが悪くなり、排尿回数が減り、膀胱炎を起こすことがあります。また、正常な場合、膀胱の粘膜の温度は37℃前後を保っています。37℃前後の温度では、細菌が侵入しても、繁殖・感染することはないと言われています。しかし、冷え性で、粘膜の温度が32℃以下になると、細菌の繁殖しやすい温度となり、膀胱炎になりやすい状態ななります。
    出典 :冷え性と膀胱炎は関係ありますか? | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • ほとんどの女性が冷え性!!

     

    ほとんどの女性が冷え性であるといわれていることから、女性が膀胱炎になりやすい原因として、尿道が短く、肛門と尿道が近いという身体の構造によるものや、トイレを我慢しやすい傾向にあることなどに加えて、冷え性も要因として考えられます。

  • 冷えの改善は???

  • 冷え性の原因は、冷房や飲食物で身体を冷やしてしまったり、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの崩れなどです。ストレスなどで自律神経のバランスが乱れたり、特に、女性は生理や更年期で、ホルモンバランスが乱れることで、冷え性になりやすい状態です。冷え性対策としては、半身浴や適度な運動、身体を温める食事をする、ツボマッサージなどがあります。
    出典 :冷え性と膀胱炎は関係ありますか? | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 膀胱炎にはクランベリーが良いって知ってた???

  • クランベリーに注目!!

     

    クランベリーには、抗酸化作用や殺菌・抗菌作用があるといわれ、細菌感染により引き起こされる膀胱炎や尿路感染症の予防に効果があるとされています。

  • 日本でクランベリーを摂るには、ジュースやサプリメントがあります。また、クランベリーは、膀胱炎を予防するだけでなく、コレステロール値が上がるのを予防したり、シワやシミ対策も期待されています。さらに、ビタミンCも多く含んでおり、美白効果もあり、女性には、うれしい一品ではないでしょうか?
    出典 :クランベリーで膀胱炎は予防できますか? | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 症状が出たら早目に病院を受診しましょう!!

     

    膀胱炎の症状が出てきたときには、泌尿器科などを受診し、治療をしましょう。