【応急処置】棘が刺さった時の対処法3つと注意点

棘が刺さった時の対処法としてできる応急処置3つと注意点をまとめました。緊急時にお役立てください。

view2255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【応急処置】棘が刺さった時の対処法①

  • まずはそのまま消毒

  • ①まず、トゲが刺さった状態で一度消毒をする。


    ②毛抜きでトゲの先端をはさんで抜く。はさみにくい場合は、周囲を指でぎゅっと押したり、穴の開いた硬貨を押し付けたりすると、先端が浮き上がってきて抜きやすくなります。


    ③トゲが抜けたら、傷口の周囲を押して血を絞り出す。


    ④もう一度消毒をして、絆創膏を貼っておく。
    出典 :トゲが刺さったとき / 日常で役立つ救急サイト
  • 【応急処置】棘が刺さった時の対処法②

  • 患部を石鹸と流水で洗う

  • トゲ先が外に出ているときは、石けんと流水で患部をよく洗うか、オキシドールなどでよく消毒し、毛抜きかピンセットでトゲの入った角度で引き抜きます。

    トゲが完全に中に入っているときは、針を炎でよく焼いて消毒し、針で患部の傷口を広げトゲを掘り出します。全部抜き取ったら、オキシドールなどで消毒して、救急絆創膏を貼っておきましょう。
    出典 :トゲが刺さった:けがの応急手当:全薬工業株式会社
     

    石鹸の効果で、洗っている間にするっと抜けるケースもあるようですよ。

  • 【応急処置】棘が刺さった時の対処法③

  • 患部周辺を圧迫し、棘を外に出す

  • 1.指でまわりを押さえてとげの頭を出し、
    とげぬきかピンセットではさんで抜きます。
    2.抜けたら、皮膚の中に折れたとげが残っていないか確認します。
    3.傷口の周囲を押して血を少し絞り出します。
    (細菌を取り除くため)
    4.消毒して絆創膏を貼っておきます。
    出典 :とげやガラス片などが刺さった時の対処法|OKGuide[OKガイド]
  • 【応急処置】棘が刺さった時の注意点①

  • 刺さったものを抜いたあとは、
    折れた異物などが傷口に残っていないかよく確認しておきます。
    出典 :とげやガラス片などが刺さった時の対処法|OKGuide[OKガイド]
     

    抜いた棘は捨ててしまわず、診察を受ける際に一緒に病院へ持っていくといいそうです。

  • 【応急処置】棘が刺さった時の注意点②

  • 赤ちゃんや小児の場合

  • 赤ちゃんの予防接種、三種混合ワクチンを接種していない場合
     破傷風にかかる危険性もあります
     破傷風にかかると4~14日後に痙攣などの症状が出るのですぐに病院へ
    出典 :異物・トゲが刺さった時の取り方と応急処置、症状|子供の怪我