口唇裂とは、胎児の状態で顔面を形成する段階で不具合が起こる病気です

口裂症は、赤ちゃんが胎児の状態の時に、顔面を形成する段階で、何らかの要因でそれがうまくいかず、口が裂けた状態で生まれてきてしまう病気です。原因には様々な理由があるようです。

view837

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口唇裂とは

  • 人の顔は、お母さんのおなかの中でいろいろな突起(顔面突起)が組合わされてつくられていきます。ですから、その途中ではすべての人がいろいろな披裂をもっているわけです。口唇裂とは、生まれてくるまでに口唇の部分の披裂がなくならなかった状態(口唇がくっつかなかった状態)をいいます。
    出典 :口唇口蓋裂についての基礎知識
  • 人間の顔はいくつもの隆起が癒合することにより形成されていきます。 上口唇・鼻は、妊娠5週~7週目頃に内側鼻隆起(顔の中央寄りの部分)と その外側にある左右の上顎隆起が癒合して形成されるのですが、 何らかの理由により上口唇の部分がうまく癒合せず、 上唇に亀裂が生じた状態となることがあります。 これが口唇裂です。
    出典 :口唇口蓋裂の概要
  • 口唇裂とは、生まれてくるまでに口唇の部分の披裂がなくならなかった状態(口唇がくっつかなかった状態)をいいます。ですから、どんな人でもすべて胎児のときは口唇裂の状態だったといえますし、どんな人の子供も口唇裂になる可能性があります。
    出典 :口唇口蓋裂についての基礎知識
     

    つまり誰にでも口裂症になる可能性はあるのです

  • 口唇裂口蓋裂などの先天異常

  • 外表奇形(がいひょうきけい:目に見える部位の奇形)の中で、わが国では口腔と顎に発生する先天性の形態異常には、口唇裂(こうしんれつ)や口蓋裂(こうがいれつ)がもっとも多くみられます。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
  • さらに顔の一部も裂けている斜顔裂(しゃがんれつ)、横顔裂(おうがんれつ)、耳や指の形態異常を合併した症候群もみられ、その程度はさまざまです。また、舌にもいろいろな異常がみられます。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
     

    口裂症は場合によっては耳や指などにも合併症を引き起こします

  • 口裂症の乳児

     

    胎児がお腹のなかでしだいに成長するとき、顔は左右から伸びるいくつかの突起が癒合することによってつくられています。
    しかし、この癒合がうまくいかないと、その部位に裂け目が残ってしまいます。
    その結果として、唇が割れた口唇裂(こうしんれつ)や、口蓋が裂けて口腔と鼻腔がつながっている口蓋裂が発生します。

  • 口蓋裂には、一見、口蓋に裂け目がないように見えても、粘膜の下の筋肉の断裂がおきているものがあり、これを粘膜下口蓋裂といいます。また、顎の骨が裂けている場合は顎裂(がくれつ)といいます。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
     

    見た目にはわからない口裂症もあるのです

  • これらの異常はしばしば合併します。口唇裂と顎裂の合併を唇顎裂(しんがくれつ)、顎裂と口蓋裂の合併を顎口蓋裂(がくこうがいれつ)、口唇裂、顎裂さらに口蓋裂の合併を唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)と呼びます。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
  • 口裂症には片側と両側の場合があります

     

    口唇裂には、裂の部分が片側か両側か、裂の程度により完全か不完全かなど、いくつかの種類があります。

  • 口裂症の原因

  • 妊娠の初期に胎児に異常な力が加わったり、母体の栄養障害や精神的なストレス、さらに副腎皮質ステロイド薬や鎮痛剤など形態異常を誘発する薬(催奇性薬剤)を使ったり、風疹にかかったり、放射線照射を受けることなどが要因としてあげられています。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
  • 一部では遺伝によるものもあります。また、発生率は高齢出産になるほど高いともいわれています。 しかし、原因は不明なものが大多数を占め7割に達しています。
    出典 :口唇裂口蓋裂などの先天異常
  • 一般に、口唇、口蓋裂は遣伝のみによっておこると考えられがちですが、これは大きな誤りです。詳しい原因はまだわかっていませんが、種々の環境要因が関与していると考えられています。
    出典 :口唇口蓋裂についての基礎知識
     

    遺伝以外でも様々な要因があります