歯周病予防についていろいろ♪

若い人でもなってしまう事が多い歯周病の予防についてまとめてみました!

view64

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病って?

  • 歯を失う原因のうち、第一位は歯周病です

    歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称です。今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、約80%の成人が歯周病であるといわれています。
    出典 :歯周病ってどんな病気?|歯周病 予防ナビ
  • 大半の人が歯周病になってしまっているんですね・・

  • 歯周病が進むと・・

  • 歯肉は赤紫色に腫れ上がり、少し触れただけで直ぐに出血したり膿が出ます。
    口臭もさらに強くなります。
    歯周組織の破壊と同様に歯肉も退縮し、歯が長くなったように感じ、 歯と歯の隙間も目立つようになります。
    歯を支える骨が極端に減少し、歯が揺れてきます。 歯が動揺することで咬む力が弱くなります。
    そのまま 放置すると歯が抜け落ちることもあります。
    出典 :歯周病の基礎知識-歯周病進行段階|東京ステーション歯科クリニック|東京駅八重洲歯科
  • 歯周病がどんどん進むと大変なことになってしまうんですね・・。歯が抜けるなんて恐ろしい!

  • 歯周病を予防するために

  • 歯周病にならないためにもしっかりした予防をしましょう!


  •  歯周病を予防・改善するためには、正しいブラッシングに加え、日常生活の改善も必要です。
     やわらかいものや甘いものばかり食べたり、ダラダラ食べ続けるとプラークができやすくなるので、栄養バランスのとれた規則正しい食生活を心がけてください。ビタミンCも効果的です。免疫システムを低下させないために禁煙やストレス解消を心がけます。3カ月~半年に1度の定期検診で、歯と歯ぐきのメンテナンスを受けましょう。
    出典 :歯周病 | 歯周病を予防するには?: 治療・予防 - セルフドクターネット
  • 何度も言いますが、歯周病予防で最も重要な事は、プラークコントロールです。

    →歯周病とプラークコントロール | インプラント治療データベース

    口内に存在する細菌の巣とも言うべきプラークをいかに減らしていくかが、歯周病予防のカギになります。

    その歯周病予防のカギであるプラークコントロールにおいて重要なのが、正しいブラッシングと歯石除去です。
    出典 :歯周病予防 ブラッシングと歯石除去 | 歯周病の原因・症状とインプラント治療方法
  • 歯周病を予防するためには口内の状況を常にいいものに保つことがとても大切なんですね!こころがけるようにしましょう♪

  • 最後に

  • いかがでしたか?歯周病を予防するためにも日頃の生活習慣を見直して、健康的な生活をおくりましょう!