乱視との共存共栄について考えてみた!

眼の病気「乱視」を完治させるには?その前に、視力との関係もあります。手術しなくても視力をあげることは可能です。なので前向きに考えてみました。

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乱視とは?

  • 乱視とは角膜と水晶体がゆがむことによって引き起こるもので、焦点が合わなくなって見るものがぼやけてしまう状態です。

  • しかし多少の乱視なら誰にでもあるものなのです。これは意外と知られていません。そのほとんどの人に矯正が必要になるレベルというわけではないので、安心してください。

  • 目を酷使している人は、眼精疲労から乱視になってしまう可能性が高くなります。目の疲れや肩こりが酷いという人は、乱視を疑ってみてください。

  • 自分では気づかないうちに乱視なっているということもあるので、気をつけてみましょう。

  • 自宅で出来る乱視改善トレーニング - YouTube

  • そうならないように目を酷使しないことが一番なのですが、仕事上そうも言っていられないという人もたくさんいます。そういうときには眼鏡やコンタクトレンズ、手術やレーザー治療で矯正することになります。

  • 一度進行してしまったら自力で元に戻すことは無理なので、まずそうならないように心がけることが大切です。

  • 乱視だと分かった後も目を酷使すると、それだけ進行してしまいます。パソコンを使うことが当たり前になり、携帯電話の小さい画面に集中している人が多くなりました。そのため乱視になる可能性も昔と比べて高くなっているので、十分に気をつけてください。

  • 乱視を治すには?

  • 乱視を治療し完治すことは可能か?実はそれはとても難しいと言えます。ただし角膜や水晶体の歪みをレーシック手術によって治すことが可能です。しかしレーシックにも限界があり、水晶体が原因で起きる乱視を治すことはできません。その為多くの場合、乱視を治すのではなく、乱視と付き合っていくという方向転換が必要です。

  • それは眼鏡やコンタクトレンズの使用で矯正していく事です。乱視のままで見続けると、目への負担がとても大きくなります。そのままの状態を続けると、眼精疲労へとつながり、ますます視力低下につながってしまいます。