夏バテの原因を理解!上手に夏を乗り越えよう!

夏バテの原因を理解する事で
上手に夏を乗り越えましょう!
まとめてみました!

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏バテは

  • ○外気温と室内温度との差は大敵!

     

    夏バテを起こす最大の原因は、この外気温と室内の温度差が大きくなり過ぎることで起こります。外にいるときは「夏だ!」ということを感じているのに、室内に入ると温度が低いので「あれ?涼しいぞ。夏じゃないのかな?」と身体は戸惑ってしまい、体温調整を行う自律神経の働きが変調をきたしてしまいます

  • 夏バテは自律神経の乱れ
    夏バテとは、夏の暑さに対して体温調整を
    行う過程で自律神経のバランスに乱れを生じ、
    さまざまな症状を引き起こす状態をいいます。
    出典 :こころと体の健康プラン 今月の特集 | のびのびねっと(全社共)
  • 原因

  • 水分やミネラルの不足
    暑さでたくさん汗をかくと、水分と一緒に体内のミネラル分も排出してしまいます。体内の水分と電解質(塩分・ミネラルなど)のバランスが崩れると脱水症状を起こすことも。汗をかいたら同時にスポーツドリンクや塩分を摂るようにしましょう。
    出典 :夏バテしないカラダづくり|ヘルスケア情報|eo健康
     

    オーエスワンなんて物も発売されていますね

  • 消化機能の低下と栄養不足
    外気の暑さは、消化酵素の効力の低下につながります。そこで栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を引き起こします。栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素が不足し、夏バテ特有の症状(だるさ)が出やすくなります。さらに、汗をかいて水分が失われ、冷たい飲み物を多く取りすぎると、胃腸が冷え、消化不良となって、ますます食欲がなくなります。
    出典 :こころと体の健康プラン 今月の特集 | のびのびねっと(全社共)
     

    夏に食事制限ダイエットなんてしたら
    夏バテになるのもうなずけますね

  • 温度が下がったことに気づいた自律神経はあわてて態勢を切り替えますが、これが一日に何度も繰り返すことになれば、 自律神経自体が疲れてしまい、負担がかかってしまうことになります。
    出典 :夏バテの原因 - 夏バテ防止、対策&解消法!
     

    自律神経が乱れても起こります

  • こんな症状は要注意

  • 夏バテの主な症状 ・身体がだるい、疲れやすい
    ・集中力がない
    ・頭痛
    ・めまい、立ちくらみ
    ・食欲不振  など
    出典 :こころと体の健康プラン 今月の特集 | のびのびねっと(全社共)
  • •全身の疲労感
    •体がだるい
    •無気力になる
    •イライラする
    •熱っぽい
    •立ちくらみ、めまい、ふらつき
    •むくみ
    •食欲不振
    •下痢、便秘
    出典 :夏バテの症状 - 夏バテ防止、対策&解消法!
     

    まだこれだけあります

  •  

    こんな悪循環はいやですよね

    画像はクリックで拡大出来ます
    毎年夏は暑くなっているので要注意と言えるでしょう

  • 特に体の調整機能が未熟な幼児は、脱水症状になりやすいですし、老人の方は暑さによって体温が上がってしまい、日射病や熱射病を起こし、 衰弱しやすいので、注意が必要です
    出典 :夏バテの症状 - 夏バテ防止、対策&解消法!
  • ちょっとした工夫で、夏バテ対策

  • クーラーをつけっぱなしで寝ない
    眠れないからといって、就寝中のクーラーのつけっぱなしは、起床した後の身体のだるさを倍増させ、夏風邪や下痢、体調不良の原因になります。クーラーは1~2時間で切れるようにタイマーをセットし、温度は27~28℃にしておきます。寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり入って、汗を流すと気分がリラックスして寝付きがよくなります。また、布団の上にゴザを敷くと、涼しさを感じることができるでしょう。
    出典 :夏バテしないカラダづくり|ヘルスケア情報|eo健康
     

    クーラー病なんてなったら危ないですよ?


  • 入 浴
    入浴は、乱れてしまった自律神経を元に戻すために効果的です。ぬるめのお風呂にゆっくりと入ると、自律神経の副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られ、ぐっすり眠ることができます。一方、熱いシャワーを浴びると交感神経が活発になり、しゃきっと目覚めることができます。
    入浴後は水分補給を忘れずに。
    出典 :こころと体の健康プラン 今月の特集 | のびのびねっと(全社共)
  • 元気をくれる食材を摂ろう!

     

    エネルギー代謝をよくしてくれるビタミンB群は、夏バテ予防の定番です。それ以外に良質のたんぱく質である豆腐や枝豆、卵、牛乳なども忘れずに。

    また、キュウリは利尿作用のあるイスクエルシトリを含んでいるので、体内の余分な水分や熱を取ります。他にスイカ、トマト、ゴーヤなども同様の効果があります。

  • 睡 眠
    夏バテしないためには、良質な睡眠を得るための環境づくりが大切です。
    眠れないからといってクーラーを効かせすぎると、翌朝、体がだるくなってしまいます。夏バテを感じたら冷房機能よりは除湿機能、扇風機などを上手に利用しましょう(どうしても冷房機能を使う場合は28度以上の設定に)。また、直接身体に風が当たらないように気をつけます。
    出典 :こころと体の健康プラン 今月の特集 | のびのびねっと(全社共)
  • 香辛料で食欲アップ
    暑い国ほど香辛料がたくさん入った食事を摂ります。これは、香辛料が食欲を増進させて体力をつけてくれる効果があるから。唐辛子やニンニク、青じそ、ミョウガ、ショウガ、ワサビ、コショウ、ネギなどの香味野菜を使った食事を積極的に摂ることをおすすめします。
    出典 :夏バテしないカラダづくり|ヘルスケア情報|eo健康