モノトーンネイルのやり方をご紹介します♡

モノトーンネイルのやり方をご紹介します。
シックなイメージのモノトーンネイルですが、デザイン次第でキュートに変身させることができますよ♡

view25

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誰にでもできる♪ モノトーンネイルのやり方

  • モノトーンネイルのやり方はどうすればいいの?

    モノトーンネイルは白と黒をベースにした色彩のネイルのことを一般に指します。

    通常は大人っぽくシックになりすぎる傾向もありますが、アレンジ次第でキュートに変身させることもできますよ。

    白と黒の色彩を活かすためには、カラーはマットに塗ることがポイントでしょう。

  • 黒と白のマニキュアの組み合わせは難しそうというイメージがありますが、大人っぽくもなるし、可愛く決めることもできますよ。

    モノトーンネイルがはじめてという方も是非挑戦してみてくださいね♡

  • ところどころアクリル絵の具でイラストを描けば、ポップにもキュートにも変身できますね。

    用意するネイルカラーも2色ですむのもうれしいですね♡

  • むずかしそうなこちらのデザインですが、こんな柄がプリントアウトされたネイルシールを自分の指にカットし貼るだけで完成させることができますよ。

    腕に自信のある方は、アクリル絵の具で描いてもいいですね♡

  • かっこいくなりがちなモノトーンもかわいくもなれるなんて☆
    逆に可愛すぎのネイルもモノトーンやから甘過ぎないっていう!!最強!!
    出典 :かわいいモノトーンネイル|女子力.com~ネイルや美容
  • そうそう。
    モノトーンネイルは可愛くもシックにもまとめることが出来るのです。

    是非この技を身につけましょう。

    モノトーンネイルを綺麗に塗るためには、マニキュアのはけを動かしてカラーを均一に塗ることが大切です。

    黒いマニキュアがはみ出してしまうとあまり美しくないので、特に黒を塗る時は慎重に塗りましょうね♡

  • こちらはフレンチバージョンです。

    お花のモチーフを付ければ、まるでアクセサリーのようで素敵♡

    お花モチーフはお店で売っているものを利用すれば、誰でも簡単に真似できますよ。

    またベージュやピンクなどを取り入れると、黒が引き締まりますよね♡

  • これなら、逆フレンチで素人でもお手本にしやすいのではないでしょうか。
    手先が器用な方なら、黒リボンで決めたキティちゃんをモノトーン調で描いてもキュート♡ですよね。

    ☆用意するカラーネイル

    黒(ドットを描くだけなら、アクリル絵の具でも代用できそうですね。)


    ☆用意するネイルアクセサリー

    星形のネイルシールか、星形のネイルパーツ


    ☆逆フレンチモノトーンネイルのやり方☆
    ①まず白で逆フレンチを作ります。
    ②ベースの地として、透明ネイルを塗り、爪の先に白を幅を広くして塗ります。
    ③黒のマニキュアかアクリル絵の具で、フレンチの境目を縁取りします。
    ④黒のドットを描きます。
    ちょんちょんと、筆先を軽く動かしながら、ドットを描いてね♡
    ⑤星のモチーフを貼ります。
    ⑥仕上げにトップコートを塗って完成です。


    いかがでしょうか。
    大人モチーフの逆フレンチもこんなにキュートに仕上げることができますよ♡

  • 白で逆フレンチ!ドットとホログラムの星を黒にした夏らしい星柄モノトーンネイル!キティもモノトーンにしたよ〜!!
    出典 :山口裕子inワンダーランド powered by ココログ : 星柄ネイル!
  • とってもゴージャスに見えるのに、これはとても簡単なんです!!

    とにかく単色カラーを綺麗に爪に塗ればいいのですから☆

    こちらのネイルは、単色カラーを塗って、ラインストーンなどを爪に並べて貼れば出来上がりです。

    いっぺんにゴージャスになりますね♡

    ラインストーンを一直線に並べてみたり、ランダムに貼ってみたり、爪一本一本違うデザインにすると表情が違って面白いですよね♡

    これならぶきっちょさんでもアレンジが簡単にできますね♡

  • ところどころネイルアートしてみてもいいですね。

    お花のデザインと、金色にポイントカラーを塗ったのが印象的です。

    大人ぽいネイルの見本ですね~♪

  • いかがでしょうか。
    モノトーンネイルのやり方は意外と簡単だなと思われた方もいるのではないでしょうか。

    いろいろなモノトーンネイルの見本を見て、素敵なデザインのものはどんどん自分で取り入れてアレンジしていきましょう。