クロレラの副作用とはどのようなものでしょうか?

万能とされているクロレラにも副作用があるのでしょうか。クロレラの副作用についてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/07/01

view241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クロレラの副作用とは

  •  

    どうしても避けて通れない副作用と言う言葉ですが飲む人の体質にもかなり左右されます。

  • クロレラを服用していると、次のような兆候が出ることがあるそうです。(1)ガスが出る。(2)ニキビ、吹き出物、湿疹が出ることがあり、人によっては痒みを伴う。(3)吐き気、下痢、便秘、微熱などが出ることがある。
    出典 :Adverse effect of chlorella
     

    非常に軽微な副作用と言えると思います。

  •  

    クロロフィルの反応が副作用として出る場合もあるのです。

  • クロレラで報告されている副作用としては嘔吐,下痢,湿疹などの報告がありますが、一般的は問題となる副作用はほとんどないと考えられています。クロレラに含まれるクロロフィルが分解される過程で生成されるフェオフォルバイトにより光過敏症にかかる可能性があります。
    出典 :【クロレラの副作用】- クロレラの効能や効果
     

    慣れるとさほど気にならないという場合がほとんどです。

  •  

    いずれも体質的なものなので、このような場合にには服用をストップさせてください。

  • 副作用が起きる状況について

  •  

    副作用とカウントするまでもないものも含めて飲む人の腸内環境や服用している薬の種類などによっては接種を控えた方が良い場合もあるので使用上の注意をよく見て判断してください。

  • クロレラの過剰摂取は下痢・悪心・お腹の張り・緑便(クロレラに豊富に含まれる緑色の色素成分クロロフィルによる副作用)・胃痙攣・喘息などのアレルギー反応・光過敏症などの副作用を生じる危険性があります。
    出典 :クロレラの副作用
  • 体質によっては、吐き気や下痢、アレルギー症状、肝機能の障害などの、副作用が起こる場合があります。症状は軽く、クロレラの摂取を中止すれば、比較的早く回復します。
    出典 :クロレラの副作用|サプリメント
     

    何が何でも飲みきってしまう、などという頑固な考えではなく合わなければ止めるという潔さも必要です。

  • クロレラに合わない体質とは?

  • 薬の飲み合わせにも少し注意が必要です。クロレラはビタミンKを豊富にふくんでいることから、ワーファリンを服用している方は摂取を控えたほうがいいでしょう。ワーファリンは血液の凝固を防ぐものですが、ビタミンKは逆に血液凝固に必要な因子に作用するため、非常に危険です。他にもクロレラは高タンパク質であるため、タンパクアレルギーを持つ方にかゆみや湿疹を生ずるケースがあります
    出典 :クロレラ 副作用|クロレラの効果効能と副作用について
     

    ワーファリン服用者避けた方が無難です。

  • 先ず何とも言えない漢方薬に青汁を混ぜたような様な味でした自分は特別、病気ではなかったのですが飲んだら怠くなりました、健康体の人や体質が合わないと、そうなるのかなあと思い飲むのをやめました、ただ決して否定している意見ではないです、どんな薬、治療法、健康器具も、その人の体の状態に合う合わないがあると思います。
    出典 :クロレラの効き目を教えてください。 - 病気 - 教えて!goo
  •  

    万人の人にぴたっと合うことはほぼないので副作用が出た場合にはクロレラが体質に合わないと理解すれば良いのです。