「宮村優子」がかかった「バセドウ病」の症状について

バセドウ病の症状には、どのようなものがあるのかをまとめてみました。

view1261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バセドウ病の症状は??

  • バセドウ病かな?と思ったら・・・

     

    バセドウ病かな?と思ったら、左のチェックシートを
    つけてみてください。

    6つ以上チェックがついた場合は、バセドウ病の可能性があるので、
    病院に行ってみてもらいましょう。

    そして、日ごろから栄養補給をしっかりとして、適度な運動を心がけましょう。

  • バセドウ病関連の書籍

     

    バセドウ病について書かれている書籍は多数出ており、
    予防法等は参考になるでしょう。

    インターネットでも情報収集できるので調べてみるといいでしょう。

  • バセドウ病

     

    これが、実際のバセドウ病の症状です。
    蚊にかまれたときの何倍も膨れ上がっています。

    バセドウ病は、20代、30代の女性に多いそうです。

    10万人中80人くらいはかかったことがあるそうです。

  • バセドウ病とは、どんな病気なのか??

  • まず、甲状腺(こうじょうせん)が腫(は)れて大きくなるため(甲状腺腫(こうじょうせんしゅ))、くびが太くなったようにみえます。また、脈が速くなって数が増え、1分間に120くらいになることもあります(頻脈(ひんみゃく))。このため、安静にしていても動悸(どうき)を感じることがあります。そして、約半数の人に、眼球(がんきゅう)が前方に突き出る眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)の症状がみられます。
     甲状腺腫、頻脈、眼球突出が代表的症状(メルセブルグの三主徴(さんしゅちょう))です。
     そのほか、汗をかきやすい、手指が震える(振戦(しんせん))、からだがだるい、食欲が旺盛(おうせい)にもかかわらず体重が減ってやせてくる、神経過敏になり精神的に不安定になる、下痢(げり)が続くといった症状もあり、女性では月経異常(げっけいいじょう)(無月経(むげっけい)など)がおこることもあります。
     診察をすると、微熱、高血圧(とくに最高血圧の上昇)、不規則な脈(心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈(ふせいみゃく))もみられます。
    出典 :バセドウ病の症状・解説 - goo辞書
  • バセドウ病の症状

     

    バセドウ病の症状は様々です。

  •  自分のからだの一部と反応する物質(抗体(こうたい)という)ができ、免疫(抗原抗体(こうげんこうたい))反応がおこることにより生じる病気(自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)(免疫のしくみとはたらきの「自己免疫疾患とは」))と考えられています。
     免疫異常がおこると、血液中に甲状腺を刺激する物質が、抗体としてたくさんできてしまい、それが甲状腺のはたらきを活発にするために、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうわけです。
     この病気は、人口10万人に対し約80人の割合でみられます。女性に多く(男性の3~5倍)、とくに20~30歳代にもっとも多く、ついで40歳代の順に多くみられます。
    出典 :バセドウ病の症状・解説 - goo辞書