「健康に良いお茶」その効用は?

何となく健康に良いと思っているお茶。では具体的にはどんな効用があるのでしょうか。成分別にまとめてみました。

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カテキン

  • 悪玉コレステロールを減らしてくれるカテキン

    コレステロールは、細胞膜やホルモンの成分であり、身体にとってなくてはならないものです。しかし、血液中のコレステロール値が正常より高い状態が続くと、最悪の場合、動脈硬化につながり、その結果、心筋梗塞・脳梗塞を引き起こす可能性もあります。したがって、動脈硬化などの生活習慣病の予防には、血中コレステロール値を正常に保つことが重要なのです。

    「緑茶を多く飲む人ほど血中コレステロール値が低い」という調査結果は、広く知られるようになってきました。これは、緑茶に含まれるカテキンが、食事中のコレステロールの吸収を抑えるためだと考えられています。また、血中コレステロールが高めの人が、食事(朝・昼・夕)とともに約200mgのカテキン(通常の緑茶の約3倍程度)を含む飲料を1日3回摂取すると、摂取2ヵ月後から徐々に血中コレステロールが低下してきます。しかもこの場合、悪玉といわれる「LDLコレステロール」だけが低下し、善玉といわれる「HDLコレステロール」には影響しないという、優れた特性をもっています。
    出典 :血中コレステロールの低下|お茶の成分と健康性|お茶百科
     

    生活習慣病予防になります。

  •  

    カテキンパワー恐るべし。

  • 虫歯予防

    お茶の中でも一番多いといわれる紅茶や番茶に含まれるフッ素やカテキン類の重合体はエナメル質を強くすることから虫歯予防に効果があると言われています。茶に含まれるフラボノールの成分は、血管壁を強化する効果があるといわれています。
    出典 :紅茶のカテキンパワー 殺菌作用と虫歯予防 - グルメレシピ
     

    虫歯予防にもなるんですよね。

  •  

    子供には積極的にお茶を飲ませたいですね。

  • 体内の毒素を消し、細胞や遺伝子の損傷を防ぐはたらきがあります。そのため環境汚染や食品添加 物、紫外線やストレスなどから身を守る成分として注目されています。お茶でうがいをすると風邪を引かないというのはカテキンが持つ殺菌作用を知っていた昔の人の知恵ではないでしょうか。お茶にも紅茶,ほうじ茶,緑茶と種類がありますが、カテキンは緑茶に最も多く含まれています。
    出典 :カテキンの効果と効能 ~ 脂肪の吸収を抑える・抗酸化・高血圧・高脂血症など-サプリメントラボ
     

    昔の人の知恵はすごいですね。昔は科学的根拠なんてわからないのに・・・

  •  

    毒素まで消してしまうとは。


  • カテキンの美容効果

    カテキンの美容効果お茶には美白に効果のあるビタミン Cを含め、ビタミンが豊富に含まれています。


    特にビタミンC含有量はレモンの4倍。皮膚や粘膜の潤いを保つカロチンは人参の10倍といわれています。


    その他老化防止に役立つビタミンEなど、肌を若く健康に保つのに欠かせない成分が含まれており、お茶を飲むことで気軽に毎日、おいしく取ることが出来ます。


    緑茶に含まれるビタミンCは、熱に強く80度でも壊れないうえに、保存にもすぐれた特性があります。


    弾力性のあるみずみずしい素肌作りにビタミンCは欠かせません。肌に弾力性を与え水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。


    緑茶には、そのビタミンCが緑茶三杯でりんご一個に匹敵するほどたくさん含まれています。
    出典 :【カテキンの美容効果】- カテキンの効能や効果
     

    美容効果も抜群、これは飲まないと損ですね。

  •  

    お手軽な美容手段ですね。

  • カテキンの活性酸素消去作用、抗突然変異抑制作用などが関与していると考えられていますが、詳しい解明はされていません。


    緑茶のがん予防研究は、疫学調査や動物実験を経て、臨床研究という新たな段階を迎えています。


    現在、日本をはじめ欧米においても、緑茶成分のがん予防効果に関する臨床試験が開始され、緑茶成分が人体における有効性をもつかに注目が集まっています。
    出典 :【カテキンのがん予防効果】- カテキンの効能や効果
     

    まだ効果が立証された訳では無いですけど、本当ならすごいですよね。

  •  

    研究が進むのを待ちましょう。

  • 【自動】「お茶でうがい」はカテキンの殺菌効果で悪いウィルスをやっつけます。インフルエンザについては、ワクチンと併用することで効果2倍とも言われています。
     

    単独ではなく併用するのが良いのですね。

  • 口臭には緑茶が良いようです。TVでやってたようです。飲んだり、すすいだり。中に含まれる"カテキン"に殺菌・抗菌作用が良いらしいです。胃とか歯が悪くなければ、効果的らしいですよ。何処でも出来ますね。
     

    口臭にも良いのですか、ほんと万能ですね。

  • カフェイン

  • カフェインには、交感神経を刺激する作用もあるので、体脂肪の燃焼を促進させる効果も、期待できてダイエットとしても使われる事があるのです。



    カフェインの効能は、適度に摂取して得られる効果なので、たくさん効果を得たいからと言って、たくさん摂取すると、逆効果です。



    だから、注意が必要な成分になります。
    出典 :カフェインの効能とは? | カフェインの効果ナビ
     

    ダイエット効果もあるんですね。でもたくさん取るとダメみたいですね。

  •  

    適量を毎日摂取するのが一番のようです。

  • 運動前、体を動かす前にカフェインを摂取すると、交感神経が刺激を受けて、体内の脂肪が分解されて、血液中にどんどん出てきます。そこで運動をすると、血液中の脂肪酸を燃やすことができるんです。この効果は、ホットの方がより効果があるとされています。
     

    熱いお茶が効果的なのですね。

  • 中枢神経興奮 覚醒 注意力低下の抑制 倦怠感や疲労の減少 知的作業能率の向上
    強心作用 冠動脈の拡張 心筋収縮力の増加 心拍数の上昇 血液循環の改善
    平滑筋の弛緩 気管支拡張 鎮痙(抗喘息)効果
    横紋筋の収縮 骨格筋の収縮 運動、敏捷性の増加 作業能率の向上
    胃酸分泌刺激 呼吸量 生成熟(熱産生)量の増加 体脂肪、
    グリコーゲンの分解促進 血中のカテコールアミン、遊離脂肪酸、グルコースレベルの上昇

    玉露のお茶100ml中に160mgのカフェインが含まれています。
    出典 :カフェインの効能 - Yahoo!知恵袋
     

    いろいろあり過ぎて凄過ぎです。

  • テアニン

  • テアニン は、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の働きに作用し、血圧や記憶学習能力、脳血管機能を改善します。また、脳の抑制系神経を活性化し、興奮系神経を鎮めることで、寝つきを良くしたりぐっすり眠れるようにしてくれます。
    出典 :カフェインとは逆?お茶に含まれるテアニンで快眠! [睡眠] All About
     

    カフェインとは逆に神経を鎮める効果があるのですね。