危険!誤った妊娠中の薬の飲み方

妊娠中、絶対にやってはいけないことが
市販の薬や以前飲んでいた薬などを
お医者様の相談なしで飲んでしまうことです。
そこで誤った事故がおきないように
きちんとした薬の飲み方と、実際に飲んでしまった方の体験談をまとめてみました。

view368

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薬による影響

  • 妊娠中と気づかず薬を飲んでしまった。
    妊娠中だけど風邪を引いてしまって薬を飲んでいいかわからない。
    などなど妊娠中の薬服用には色々な疑問をお持ちの方が
    多いのではないのでしょうか?
    とくに赤ちゃんにどんな影響があるのか、
    成長の妨げになってしまうのでは?
    色々心配もでてきますよね。
    まず薬の飲んでしまったら赤ちゃんはどのような影響があるのか調べてみました。

  • 【妊娠時期による胎児への影響】

    赤ちゃんに対する薬剤の影響は
    妊娠のどの時期に薬剤を服用したかにより異なります。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 妊娠の各時期    薬剤の影響
    妊娠4週未満    まだ胎児の器官形成は開始されておらず,
               母体薬剤投与の影響を受けた受精卵は着床しなかったり、流産してしまったり,
               あるいは完全に修復されるかのいずれかである。
               ただし,残留性のある薬剤の場合は要注意である。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 妊娠4週から7週まで  胎児の体の原器が作られる器官形成期であり,
    奇形を起こすかどうかという意味では
    最も過敏性が高い「絶対過敏期」である。
    この時期には本人も妊娠していることに気づいていないことも多い。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 妊娠8週から15週まで 胎児の重要な器管の形成は終わり,
    奇形を起こすという意味での過敏期を過ぎて
    その感受性が低下する時期。
    一部では分化などが続いているため,
    奇形を起こす心配がなくなるわけではない。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 妊娠16週から分娩で 胎児に奇形を起こすことが問題となることはないが,
    多くの薬剤は胎盤を通過して,胎児に移行する。
    胎児発育の抑制,胎児の機能的発育への影響,
    子宮内胎児死亡,分娩直後の新生児の適応障害や
    胎盤からの薬剤が急になくなることによる離脱障害が問題となる。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 授乳期 多くの薬剤が母乳中に移行する。児には消化管を通しての吸収に変わる。
    出典 :妊婦の薬物服用
  •  「妊娠と気づかずに服用してしまった」という場合でも
    多くの薬剤は赤ちゃんへの影響はあまり心配ありません。
    たとえ「妊婦に禁忌」の薬であってもその「禁忌」の理由がなぜなのかが重要なのです。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 主治医とよく相談して,
    それでもまだ心配な場合には専門の「相談外来」を設けているところもあるので,
    専門家と相談しましょう。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • また通常,2~数パーセントは生まれつきの形態異常をもった赤ちゃんが出生します。
    もしも赤ちゃんに異常があったとしても多くの場合は
    その原因が不明で,たとえ薬剤を使っていたとしても,
    すぐにその薬剤のせいであるとは言えません。
    その薬剤についてどう考えるべきかは,専門家とよく相談してください。
    出典 :妊婦の薬物服用
  • 正しい薬の飲み方

     

    薬を飲む前にきちんとした飲み方を理解し、
    赤ちゃんを心配なく出産できるようにしましょう。

  • 妊娠中に薬を購入するときは
     OTC医薬品を購入する際は、
    必ず薬剤師か医師に相談してから購入してください。
    また、手持ちの薬を使用する際は、
    説明書をよく読み、妊婦に対する注意が記載されていないか、確認しましょう。
    出典 :妊娠中、授乳中の女性と薬 
  • 授乳中、妊娠の可能性がある人も注意
    服用した薬の成分は、わずかですが母乳にも影響が及ぶ危険もあります。
    服用については、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。
    出典 :妊娠中、授乳中の女性と薬
     

    また、妊娠しているのに気づかず薬を飲んでしまい、後々心配になる場合があります。
    近い将来に、妊娠する可能性がある人は、
    薬の使用に際しては、医師や薬剤師に相談しましょう。

  • 体験談

     

    上記で誤って薬を服用してしまっても
    赤ちゃんにはほとんどの薬が影響ないことがわかりました。
    しかし、いくら大丈夫だといわれても
    実際本当なのか心配になりますよね。
    そこで妊娠中に服用してしまった方の体験談を見てみましょう。

  • 風邪と間違えて、風邪薬を飲んでしまいました。
    産婦人科では「市販薬なら大丈夫だよ」と言われたんだけど、
    実際に赤ちゃんが生まれるまでは、気が気じゃありませんでした。
    でも、赤ちゃんへの影響はなく、元気に3,150gの赤ちゃんを出産!
    出典 :妊娠中の薬の影響についての体験談
     

    薬を使ってしまっても
    無事元気な赤ちゃんを出産できたようですね。
    心配しすぎも、
    精神的なダメージになってしまい、
    赤ちゃんに影響を与えてしまうので、気をつけましょう。

  • もともと体が弱いので、妊娠前から女性ホルモンや腎臓の調子を整える漢方薬を飲んでいました。
    でも、漢方をやめたらどうも毎日体調が悪くて…
    妊娠中期頃から漢方薬を飲んでもいいというお許しが出たので再開!
    でも、漢方でも妊娠期に飲むとおなかの赤ちゃんに影響するものもあるらしいです。
    一応漢方薬局に相談した方がいいですね。
    出典 :妊娠中の薬の影響についての体験談
  • 市販の風邪薬は数日飲んだくらいなら
    心配ないようです。
    私は妊娠が発覚してからも
    数回飲みましたが産まれた子どもは元気いっぱいですよ。
    もちろん発達・発育にも問題はありません。
    出典 : Yahoo!知恵袋
  • スノボで骨折したので抗生剤と痛み止めの強い薬を1週間服用していましたσ(^◇^;)。。。
    生理予定日1週間前あたりから生理予定日あたりまで・・・。
    薬が強いだけに妊娠発覚後は血の気が引きものすごく心配しましたが産婦人科の先生に問題ないよ!と言われ、
    実際生まれた子供も5歳になりますがいまのところ問題なく育っています(*^_^*)
    出典 :Yahoo!知恵袋
  • 私は何故か妊娠が分かる頃にいつもひどい風邪をひいてしまいます。
    少々なら我慢しますが、ひどいので市販の薬を飲みました。
    3人産んでみんな大丈夫でしたよ。
    妊娠初期の風邪薬が原因だと言う、不幸な話はほとんど聞いたことがありません。
    気にするのはやめましょう。
    出典 : Yahoo!知恵袋
  • 薬についてまとめましたがいかがでしたか?
    一人で判断せず、
    赤ちゃんのことも考えて、体調が悪くなったら
    すぐ病院に行くようにしましょう。