紫外線だけ?シミの種類の見分け方と対処方法を抑えよう!

紫外線が気になる季節になってきました!

紫外線を浴びるとシミになる。
はい、その通りです。
でも・・・シミって色んな種類があるって知ってました?
紫外線だけじゃない、複数あるシミについてきちんと知って、
対応策を身につけておくことは大切です。

そんな必須「シミ対策」情報をまとめました!

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「シミ」の原因って?

  • シミの直接の原因は皮膚にあるメラニン色素の沈着ですが、更にその原因に遡ると、シミの種類によっても異なりますが、紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、食生活、ストレス、遺伝的要因など、様々な要因が複雑に絡み合っています。
    出典 :種類別”シミ”の見分け方とセルフケア方法 ()|ウーマンエキサイト ニュース
     

    「紫外線」だけじゃない、色んな原因があるんですね!

  • 肝斑(かんぱん)

  • 一般的にシミと言っているものの多くはこれにあたります。褐色のシミが、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。肝斑は、表皮の中でも一番下の基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られるメラニン色素が、日焼け後増大し、皮膚の中に沈着してできるシミのことです。
    出典 :しみの原因と対策 肌のしみ対策用スキンケアや必要な栄養素
     

    日焼けの後にできちゃう・・・夏に要注意のシミですね~。

  • 女性の顔に多く生じるシミで、妊娠・経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関連して発症するといわれる。紫外線で少し悪化する。薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。高齢者ではほとんど見られない。また、レーザー治療で悪化するといわれている。
    出典 :シミの原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
     

    女性ホルモンも影響するんですね。

  • 炎症後色素沈着

  • 炎症後色素沈着とは、ニキビやかぶれ、火傷などの炎症が刺激となってメラニンが生成され、沈着し、シミとなって残ったものをいいます。1~2年で自然と薄くなり消えるケースがほとんどですが、いつまでも消えずに残ってしまうものもあります。
    出典 :紫外線が原因のシミなどの、種類に合わせたケア方法 | スキンケア大学
     

    ニキビをへたに潰したりしちゃうとできやすいのでしょうか?消えずに残るなんて・・・考えるのもコワイです~・・・。

  • 炎症後色素沈着は基本的に何もせず保湿を心掛けていれば自然に消失します。レーザーや光・高周波の照射など、さらに炎症を加えるような施術は行いません。外用・内服治療を行い、経過が不良な場合はアクシダームによる有効成分の導入などを行うこともあります。ただし最新治療法であるレーザートーニングは、炎症後色素沈着の治療にも有効です。
    出典 :炎症後色素沈着の治療とは | シミのレーザー治療はフェミークリニック
     

    逆に言えば、自然に治らなければちょっとやっかいなケースも?

  • 炎症後色素沈着は、数か月から数年で自然に消失するシミですが、色素沈着状態で日焼けを重ねるなどすると、さらに色素沈着が続いたり、濃くなったりすることがあり注意が必要です。シミ治療の基本である日焼けをしないことに加え、炎症部位へ追加の刺激を与えない注意が大切です。またお肌のバリア機能が衰えると皮膚は刺激を受けやすくなり、炎症を起こしやすくなります。日常のスキンケア、特に保湿を心掛けるようにしましょう。
    出典 :炎症後色素沈着の治療とは | シミのレーザー治療はフェミークリニック
     

    だから、日焼け防止は大切なんですね!まずはならないように注意すること!

  • 老人性色素班

  • これまでに浴び続けた紫外線が原因して、時間の経過に伴って現れてくるものとされています。薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしているのが特徴で、日本人では通常40歳前後から現れやすくなります。また色白の人や、アウトドアで過ごすことが多い人ではもっと早く20代後半から現れます。一般的にいわれるシミは、この「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」のケースが多くあてはまります。
    出典 :シミの代表格!老人性色素斑のケア対策 | スキンケア大学
     

    これは紫外線が原因になるんですね~・・・紫外線を気にせず日差しを浴びまくっていると・・・おばあちゃんのようなシミだらけになりかねないってことです!

  • メラニンの合成を強力にブロックするハイドロキノンクリームや、皮膚のターンオーバーを高めメラニンを排出させるレチノイン酸クリームの外用をホームケアとして行うと、治療効果が高まる上に、再発しにくくなるのでおすすめです。
    出典 :紫外線が原因のシミなどの、種類に合わせたケア方法 | スキンケア大学
     

    色々防止する方法はあるようですが、自分で根本的に治療するのは難しいそうです。予防に徹しましょう!

  • 雀卵斑(そばかす)

  • 小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカス。遺伝的なもので、小学生ころから出るのが普通です。米粒大までの不規則な形で、色は淡褐色。成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります。
    出典 :シミの種類やメカニズムについて | スキンケア大学
     

    遺伝的なものだけど、紫外線で大きくなっちゃうそうです。

  • しみそばかす対策として先ずあげられるのが食事です。バランスのいい食事を心がけ、色の濃い野菜やフルーツを積極的に摂取するよう心がけることです。野菜やフルーツの色に含まれる成分「フィトケミカル」は、紫外線による肌のダメージを修復する効果があるといわれています。トマトやにんじん、ナス、かぼちゃ、小松菜、オレンジ、ぶどうなどが特におすすめです。
    出典 :しみそばかす対策
     

    ソバカス対策には、紫外線予防だけじゃなく、食事にも注意が必要。