赤ちゃんができないのは卵子の老化が原因!?

赤ちゃんが欲しいのになかなかできないのは卵子の老化が原因の場合があります。
卵子が老化してしまうと二度と若返ってはくれません。
卵子の老化とはどういうことなのでしょうか?

view534

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 卵子が老化する?

  • 「あなたの卵巣年齢は、60歳です。」
    33歳のとき、初めて婦人科検診を受けました。月経がある限り、子どもは産めると思い込んでいた私。「40代で産んだ人もいる」「母親も問題なく私を産んでくれたのに、まさか私が産めないわけがない」不確かな知識と妙な自信により、私は今まで一度も婦人科に行ったことがありませんでした。しかし実際には、卵子は毎日約20~30個も減り続け、月経の有無に関わらず、毎月約1,000個も失われていくのです。「どうして今まで誰も教えてくれなかったの!?」早期検診が重要だった。自分の生殖能力を過信してはいけなかった。正しい知識をもっていなかったことを、悔やんでも悔やみきれませんでした。
    出典 :【妊娠学~産み時~】卵子老化についての正しい知識を広めたい(森 瞳) - READYFOR?
     

    33歳のときに60歳の卵巣。。。
    月経の有無に関係ないんですね。

  •  

    日々老化していっているのです・・・

  • 老化したら妊娠できない?

  • 卵子 の 老化 はとても長い年月をかけて少しずつ進行します。ですから、卵子の老化が指摘される年齢になっても、妊娠しなくなるのではありまん。少しずつ妊娠しにくくなるだけです。つまり、避妊をやめてから授かるまでの月数がかかるようになります。
    出典 :「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    妊娠できないわけではないのです。

  •  

    年月がかかっても逢いたいですね

  • 卵子の老化は妊娠力を低下させるということ!

  • 「34歳はセーフ、35歳はアウト」と思うのも、大きな誤解です。妊娠力は少しずつ低下します。

    35歳という年齢はどうかというところですが、妊娠力の低下は35歳よりもっと早いとも言えるし、もっと遅いとも言えるでしょう。
    出典 :2/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    35歳ならもうダメだというのはやっぱり誤解なのですね。

  •  

    34歳だから大丈夫と思ってはいけません。。

  • 卵子の老化は妊娠できない原因のひとつ!

  • 「女性が妊娠できる確率は、10歳代後半から徐々に下がりつづけ、30歳代後半から急速に下がるようです」
    「不妊治療をしたあとの妊娠確率をみても、女性の年齢が上がるほどその数値は低くなっています」……。
    この原因の一つとして考えられるのが、「卵子の老化」。
    出典 :卵子が老化するのはわかった。でも、どうすればいいの?(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース(1/3)
     

    個人差はありますし原因のひとつということなのです。

  •  


    原因のひとつですから考えすぎもダメなのです

  • 妊娠力「変わり目」の年齢!?

  • 実は、妊娠力の低下は毎年同じように下がっていくのではなく「変わり目」の年齢があります。その変わり目を超えると「なかなか妊娠しないな」という実感が出てくるかもしれません。

    変わり目年齢としては、35歳と考える医師はあまりいなくて、一般的に37~38歳と言われています。さらに40代、42~43歳になると、また一段と状況が厳しくなります。
    出典 :2/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    変わり目の年齢・・・あなたは大丈夫?

  • 卵子を老化させないような生活を送る

  • ・野菜多めの食生活で抗酸化力を上げる
    ・太り過ぎず、やせ過ぎず、ちょうどの体重をキープしよう
    ・パートナーのタバコをやめさせる
    ・ピルを上手に活用しましょう

    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」
     

    妊娠は女性だけでなく男性に原因もあるものです。
    お互いに協力しましょう。

  •  

    タバコはすべてに悪影響ですね・・