花粉症の治療に効く漢方薬まとめ

花粉症の治療にはさまざまな方法がありますが、その中でも漢方薬を使った治療もあるそうです。花粉症に効果がある漢方薬を色々とまとめてみました。

view328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもどうして花粉症は治りにくいのか??

  • 一言で言うと他のアレルギー性疾患と同様、花粉症体質という生まれながらの体質があるから。

    花粉症はアレルギー性疾患の代表とでも言うべきもので、鼻炎の症状が一般的ですが、
    目の結膜炎、皮膚炎、喘息など、実は症状は多彩です。
    これらのうち複数の疾患が組み合わさってしまうケースもよくあります。

    ところで花粉症体質は生まれつきの体質とされていますが、以前の日本ではそれほど多くなかったのです。
    アレルギーの原因となる花粉自体の量が増えたのでしょうか?
    確かに戦後スギの植林が進み、スギ花粉は増えたと言われています。
    しかし、現代社会の高気密住宅の中でダニなどのアレルゲンが増えたり、または大気汚染や食品添加物などの 影響でアレルギー体質自体が増えていると考えられています。
    出典 :花粉症と漢方-漢方薬ネット診断.com
     

    体質だけは仕方がないのかもしれません。

  • 漢方の世界で言われている花粉症になりやすい人とは!?

  • 漢方では、身体に余分な水分がたまっていたり、体内に流れる水の循環が悪い人が、花粉症になりやすいと言われています。なお、最近では胃腸の機能や仕事のストレスなどが原因で、発症するケースも増えているんですよ!
    出典 :花粉症なりやすさチェック&オススメ漢方薬 [漢方・漢方薬] All About
     

    もしかすると、水分の取り過ぎには注意なのでしょうか??ww

  • 花粉症の治療は早ければ早いほうが良い

  • 鼻水や花粉症は大変お辛い症状です。
     ですが、症状が出てしまってから治療するより、症状が出る前から治療する方が早く改善につながります。症状が出る前から始めると漢方薬は体質を治すことに対して全力で働くことができます。ですが、症状が出てしまってからでは漢方薬は出ている症状を抑えることにも働かないといけませんから、体質改善に全力で働きかけることができません。
     花粉症やアレルギー性鼻炎は、しっかり体質改善することでほとんど気にならないくらいにまで症状を減らすことができ、中には全く症状が出なくなることも可能です。春の花粉でお悩みの方はお正月あたりから始められると比較的楽な春を迎えられると思います。酷い人はもっと前から始められることをお勧めしています。
    出典 :花粉症は漢方薬治療で体質改善
     

    冬の間にしっかりやっておくと良いそうです。

  • 花粉症に効く漢方薬いろいろ

  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

     

    さまざまな花粉症の薬に使われている漢方薬です。

  • 苓甘姜味辛夏仁湯

     

    文字だけ見ると甘いのか辛いのか…笑

  • 麦門冬湯

     

    せきなどに効く漢方でも有名です。

  • 麻黄附子細辛湯

     

    黄色くて辛いのか…笑

  • 最近の花粉症では小青竜湯は効かない!?

  • 現在の鼻炎では「小青竜湯」はほとんど効かないようになっています。
    こういった漢方薬を買えばいいか。とそう単純な話ではなく、お薬の量や分量比も重要で、簡単にお店の陳列棚から選んで買えるものではありません。
    小青竜湯が効かない訳は、『食生活の変化』『花粉だけでなく黄砂に含まれる化学物質による炎症』『水分の取り過ぎ』『体を冷やしすぎる・体温の低下』などがあります。こういった状態の現代人と昔の日本人。体への影響が違えばお薬も違って当然ですよね。
    出典 :花粉症は漢方薬治療で体質改善
     

    花粉が進化した訳ではなく、人間自身が変わったからなのですね。

  • 漢方薬は花粉症自体を治すものではない!?

  • 皆さんは「花粉症の対策をしよう」と思ったとき、まず、何から始めますか?
    マスク、病院、鼻炎薬、目薬・・・様々ですよね。しかし体質改善ができると、これらは必要なくなります。
    楽に毎日が過ごせますし、余計な出費もせずに済みます。

    簡単に体質改善を説明しますと、花粉やホコリが飛んでいようが、気温が低かろうが、全く何ともない人がいますよね。この“何ともない人”の体質に変えるだけなのです。
    出典 :花粉症の漢方治療 症状別に漢方薬を選薬《無料相談受付中》
     

    漢方薬は体質改善のために服用するもののようです。

  • 病院で行ってくれる治療いろいろ

  • ノイロトロピン注射

  • ノイロトロピン注射

  • どちらも漢方薬に含まれている成分で効くそうです。