つわり予防にぜひ試したいこと

つわり予防にはどんな方法があるのでしょうか?
ツラい症状を少しでも和らげるために前もって行っておきたい方法をまとめました。
つわりでお悩みの方はご参考にどうぞ。

view489

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べ物・食べ方について

  • つわりは胃のムカつきや吐き気が主な症状です。その症状が出る前に食べておくと楽になるもの、またその食べ方で症状の出現を抑えることができます。

  • ・2~3時間ごとに少量ずつ食べる。
    ・低脂肪蛋白食(脂肪の少ない肉、焼魚、卵、ゆでた豆など)や、消化のよい炭水化物(果実、果実のジュース、パン、穀物、米、パスタ、ポテトなど)をとる。
    これらに含まれるビタミンBは、吐き気を誘発する低血糖も予防する。
    出典 :つわりの予防法は? | くすりの勉強 -薬剤師のブログ-
  • 朝のムカムカ予防は、起き上がる前に何か口に入れる。1日何回でも食べる「つまみ食い作戦」もおすすめ。
    出典 :つわりの対策
     

    口にするものは飴やガムでも効果的だそうです。

  • こんなものでもお役立ち

     

    空腹時に飴をポイと放り込むだけでも吐き気防止に。
    いつも枕元やポケットに忍ばせておきましょう。

  • とにかく無理のない範囲でタンパク質やビタミンを摂ること、そして空腹を避けるために少しずつでも口にすることがポイントです。

  • 水分補給も大事

  • 飲み物1つでも吐き気が誘発される可能性が。でも水分補給は欠かせませんよね。
    そんなときには。

  • 一度に沢山の量をとってしまうと、吐いてしまう事があります。吐く事を恐れて、水分を控えてしまうと脱水症状に陥り、かえって悪阻がひどくなる可能性があります。飲み物を少量ずつとるよう心がける事で、吐き気を伴わずに水分補給が出来ますので試してみましょう♪
    出典 :つわりを楽にする方法-赤ちゃんの部屋
  • ミネラルウォーターがおすすめ

     

    糖分の多いものより、ミネラルウォーターでスッキリと。
    代謝をよくして老廃物を出す効果もあります。

  • つわり時期はさっぱりする炭酸入りのドリンクを求めがちですが、甘いものより無糖のものを。スパークリングウォーターもおすすめです。

  • 生活スタイルを見直す

  • ・宿便を貯めない、出す。
    食物繊維を積極的に摂って便秘などを予防します。
    また、体操も効果的。
    出典 :妊娠、はじめのいっぽ。
     

    いらないものは出す、も大事。

  • ストレスなどもつわりの原因になってしまうので、調子の良さそうな日や時間帯を選んでお料理をしてみるのも良いでしょう。冷凍すれば 1週間くらい保存できるものなどもあります。また、あらかじめマスクを着用しておけば、匂い予防に効果的です。
    出典 :積極的につわり予防を考えよう | つわり時期の症状と対策ガイド
     

    ツラくない日にまとめて料理を作ってストック。確かにラクですね。

  • たくさん作ってタッパーにポン

     

    できる範囲でたくさん作って保存すれば、しばらくは料理のストレスから解放。

  • やらなきゃ!が無理なストレスを引き起こす原因にもなります。
    無理はしないで、できるときにできることだけをやりましょう。
    リラックスして臨めば、つわり時期を乗り切ることができます。