ダイエット中の辛い時期も【チートデイ】で乗り越えて目的体重達成しよう!

【チートデイ】は心ウキウキの週末のようなもの。
ダイエットに取り組んでいて、食べることを制限されてメチャクチャ辛い時にこの【チートデイ】で一週間溜まったストレスを解消しましょう。
【チートデイ】で思いっきり食べてリセットしたらまた一週間頑張りましょ!

view667

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【チートデイ】・・・・日本語でいうと「ズルをする日」という意味

  • ボディビルなどでよく使われる食事管理のテクニックですが、ボディビルではコンテスト時に過剰なほどの筋肉を維持しながら極限まで脂肪を落とすというダイエットの中でも最も難しいことをします。
    ボディビルダーの多くは減量時にチートデイを取り入れることによって、難しいダイエットを効率よく行っています。
    出典 :ダイエットの停滞を防ぐ | ダイエット応用講座
  • チートデイとは、「好きなものを好きなだけ食べて良い日」という意味です。
    ドカ食いとは違うのですが、基礎代謝の3~4倍の量を摂取しても良い日を1日だけ設けるというダイエットの補助法です。
    出典 :チートデイを少し詳しく解説してみる - hycko.blog
     

    ちょっと恐ろしいような気もしますが、でも確実に「嬉しい日」であることは間違いないです。
    ただ、経験者はチートデイのあとがきつかったとか・・・

  • 【チートデイ】がなぜ有効なのか?・・・そのメカニズム

  • 食事量を普段より減らすダイエットをしていると、体が飢餓状態と認識して、少しでも体内のエネルギーを消費しないように、活動エネルギーを抑えようとし基礎代謝の減少するのです。基礎代謝の減少が、一般的に言われている「減量の停滞期」のひとつに繋がります。
    出典 :チートデイの目的・メカニズ… | 二宮 粛 - Simplog
  • 基礎代謝が減ると、たんぱく質をエネルギー源として体が使い始めるため、その結果筋肉にたんぱく質がいきわたらなくなり、筋肉の減少にも繋がることから、筋肉の減少を最小限に抑えながら脂肪を減らす必要がある、ボディビルダーの人もする補助法。そこで、意図的に大量のカロリーを摂取して、体が危険だという判断をするのを防ぐというのが目的です。
    出典 :チートデイの目的・メカニズ… | 二宮 粛 - Simplog
     

    人間の身体って本当に面白い、良くも悪くもよくできてると感心する。

  • 【チートデイ】正しく行なわないと逆効果

  •  

    チートデイは栄養を意識しないで良いそうです。
    好きなものをお腹いっぱい食べてOK、ただし1日だけ!
    次の日からはまたダイエット頑張るよ、次のチートデイを楽しみにね。

  • 【チートデイ】を正しく過ごしましょ!

  • ダイエット時に不足していた栄養素などもついでに摂っておくのが理想的でしょう。また、好きなものというとお菓子系などのものが多いと思いますので、食物繊維などを一緒にとり、血糖値の上昇を緩やかにするとリスクが減らせます。
    出典 :ダイエットの停滞を防ぐ | ダイエット応用講座
     

    リスクを減らすように考えてみましょう

  • 特にタンパク質ですが、好きな食べ物ばかりではなく、ダイエット時に普段摂っていた分の最低限の栄養は必要です。+ちょっと好きなものを食べるという程度がベストだと思います。
    出典 :ダイエットの停滞を防ぐ | ダイエット応用講座
     

    いくら何を食べてもいいとはいえ、あまり無茶食いをしてはいけないという事ですね。

  • 【チートデイ】のあとに起こる事・・・

  • チートデイの翌日は、量は個人差があるとしても、必ず体重が増えています。
    そして、その増えた分が+-0になるのにかかる日数にも個人差がありますが、 翌日以降に減量プログラムを続けると、停滞期で停まっていた体重より減っていくはずです。
    出典 :チートデイを少し詳しく解説してみる - hycko.blog
     

    翌日の体重は気にしなくてもいいという事です。

  • ・それまで抑制していた食欲が復活し、翌日以降も続く
    ここがチートデイが成功するか失敗するかの分かれ目です。
    翌日以降も、チートデイの日に食べたものと同じ量を体が欲求しますが、これを自分の意思で戦い、我慢して以前の減量食を続けてください。
    出典 :チートデイを少し詳しく解説してみる - hycko.blog
     

    う~~~ん、きつそう・・・意志を強く持たないとね。

  • 【チートデイ】は減量中の停滞を防ぐテクニック