お酒弱いのは遺伝です!!自分の体質を知って楽しいお酒を

『お酒弱いのは遺伝』アルコール感受性遺伝子検査もありますので、お酒が好きでついつい飲みすぎてしまう方!調べて適量を知り安心して飲みませんか?そして、お酒に強い人が飲み過ぎからアルコール依存症になりやすいことも理解してお酒と付き合いましょう。

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 検査キッドを使えば自宅で簡単できます!

     

    書かれている通りの作業を行い送り返すと2週間ほどで結果が届きます!!

  • 体質を知って楽しくお酒を飲む目安に!

  • アセトアルデヒドを分解する力は生まれつきの個人差があり、本来はお酒に弱い体質を持っているのに無理にアルコールを飲んで体調を崩したり、アルコールを分解しやすい体質と勘違いして飲み過ぎて、アルコールの過剰摂取による生活習慣病リスクが高くなったり。
    出典 :ヒメナのアルコール感受性遺伝子検査キット | ヒメナ オンラインショッピング
     

    まずは自分の体質をきちんと把握する事が大事ですね。

  • お酒の強さを決める型がある?

  • 人間にはNN型、ND型、DD型の三パターンあることになります。NN型はアセトアルデヒドの分解が速く、たくさん飲める酒豪タイプ、ND型はそこそこ飲めるタイプです。そしてDD型は、体質的にほとんどアルコールを受けつけない、まさに下戸タイプです。
    出典 :酒の強さは遺伝子で決まる 原田 勝二 氏
  • アジア人はお酒に弱い?

  • 下戸の方に無理強いは厳禁!!

     

    練習で強くはなりません。だって遺伝ですら。。。

  • 欧米のコーカソイド、アフリカのネグロイドにはほとんどD型は検出されなかったが、モンゴロイドである東洋の黄色人種、南北アメリカのインディアンでは検出されている
    出典 :酒の強さは遺伝子で決まる 原田 勝二 氏
  • 遺伝子変異による、40%が「ほろよい型」で5%が「下戸型」というのはアジアを中心とした人種特有で、他の国の方はほとんどが「のんべ型」なんだって!
    出典 :私のアルコール体質が発覚しました…|umeのお気楽な日々
     

    約半数は結構飲めるということですね。

  • お酒の前にヨーグルトor牛乳を飲んで悪酔い予防

     

    空腹で飲まない、体調の悪い時は飲まないなど悪酔いしない方法は色々ありますが手っ取り早くて効果があるのが飲む30分ほど前に乳製品を飲む事!
    つい飲みすぎてしまう前にお試しください。

  • 簡単にできるエタノール・パッチテスト!

  • (1)テープに少量のガーゼを貼り、ガーゼを消毒用アルコール(70%エタノール)で湿らせる
    (2)上腕の内側などの皮膚が柔らかいところに貼る
    (3)5分経ったらテープをはがす
    (4)テープをはがしてから20秒後と5分後に皮膚の反応をみる
    判定20秒後に貼った部分が赤くなっていれば「ALDH2活性がまったくない人」、20秒後には変化がなくても5分後に赤くなっていれば「ALDH2活性が弱い人」という目安になります(皮膚が赤くなるのは、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドができているという判断による)
    注意・安静時に行う(運動直後は避ける)
    出典 :お酒に強い人、弱い人 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール
     

    20秒で赤くなったらお酒の全く飲めない人、5分で赤くなったら弱い人、これは簡単。

  • アルコール依存症になりやすいのはお酒が強い人?!

  • お酒をたくさん飲めるNN型の人がなりやすい
    出典 :酒の強さは遺伝子で決まる 原田 勝二 氏
     

    そうなんですか?
    飲めると思っている人の方が危険なんですね。

  • 知っていました?女性のアルコール依存性が増えているのを

  • お酒を飲む女性が増えるのに伴って、女性のアルコール依存症も増加傾向にあります。2003年に行われたKAST全国調査では、1984年の調査と比較して、アルコール依存症の疑いのある女性の割合は2倍以上になっています。
    出典 :女性とお酒 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール
  • 飲む時には適度におつまみを!

     

    美味しく、健康的なおつまみと一緒に楽しいお酒の時間を過ごしましょう。