好きな格好でどうぞ☆フリースタイル分娩!

沢山の分娩の方法の中で、一番好き放題の分娩方法がこの分娩方法なのです☆

view353

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フリースタイル分娩

  • フリースタイル分娩とは分娩台にとらわれないお産のことで、自由な姿勢でお産をすることです。人によっても、痛む場所によっても、楽な姿勢は異なるので、自由に動くことができる空間のほうがお産をする人にとっては心地よいのです。
    出典 :フリースタイル分娩 | えくにレディスクリニック
  •  

    陣痛で苦しいながらも、リラックスして落ち着きを取り戻すことができれば、余分な力を抜くことができるようになります。余分な力は分娩進行を妨げ、赤ちゃんに過度のストレスをおこす原因にもなります。

  • 今は畳?

  • 医療に頼りすぎず、主体性をもって挑むお産のことを「アクティブバース」といいます。フリースタイル分娩のメリットは、その都度自由に楽な姿勢をとりながら自分のペースで頑張れること。そして機械的な分娩室ではなく、落ち着いた雰囲気の畳部屋を選べばリラックス効果も十分。
    出典 :時代劇さながら!? 話題の「フリースタイル分娩」とは
  • 最近、分娩台に代えて畳敷きの産室を増やす施設が増えてきているのですが、これは前述した身体的な負荷の少なさだけでなく、アクティブバースによって出産自体を楽しめるように工夫された結果だといえます。
    出典 :時代劇さながら!? 話題の「フリースタイル分娩」とは
  • 何処がメリット?

  • きめこまやかで 家族的な対応が魅力一人一人に目が行き届くのも助産院の魅力。ちょっとした不安でも、気軽に相談できるので心強いはず。「自分で産むんだ!」という達成感のあるお産を目ざす人におすすめ。
    出典 :分娩台を使わず、フリースタイルで産む!【助産院でのお産 1】 - gooベビー
  •  

    助産院では、妊婦さんと助産婦さんとの信頼関係を特に重視します。それは、気心の知れた人が付き添うだけでもずいぶんリラックスしてお産に臨めるから。健診では問診に時間をかけ、一人一人の疑問や不安にもていねいに答えてくれます。どうしても必要な医学的検査は、提携している病院で受けることに。

  • 過ごし方は人それぞれ

  • イスにすわる反対側を向き、足を広げてすわります。体重を背もたれに預けるようにするとグー。歩くお産を進める効果大。痛みが強いときは、近くの壁に寄りかかるなどして痛みのがしを。
    出典 :分娩台を使わず、フリースタイルで産む!【助産院でのお産 1】 - gooベビー
     

    このあたりは良く知られていますね

  • 夫に支えてもらい立っていきむ

     

    わきの下から腕を入れて持ち上げるように支えてもらいます。
    重力で、赤ちゃんが降りやすくなります

  • 手と足をついて四つんばいで産む。腰に負担がかかりにくく、腰がくだけそうに痛む陣痛を多少やわらげます。ゆっくり赤ちゃんを押し出す感覚。夫に体重を預けていきむ。床にひざをつき夫に抱きつきます。安心感があり、赤ちゃんも降りてきやすい体勢。腰をもんでもらっても。
    出典 :分娩台を使わず、フリースタイルで産む!【助産院でのお産 2】 - gooベビー
     

    色々ありますね

  • 病院はどこ?

  • 湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)
    ◦ 全国から産婦人科医が見学に来る古風な産室、「お産センター」
    ◦ 畳の上には布団と間接照明。まるで旅館のような落ち着いた雰囲気
    ◦ 希望する人は誰でも立ち会える
    出典 :時代劇さながら!? 話題の「フリースタイル分娩」とは
  • 吉村医院(愛知県岡崎市)
    ◦ 県内外から妊婦が集まる「お産の家」
    ◦ 薪割りや雑巾掛け、炊事など昔ながらの労働をすることで体力を維持、出産に備える
    出典 :時代劇さながら!? 話題の「フリースタイル分娩」とは